読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評: 言ってはいけない 残酷すぎる真実(橘玲)

Book review

中央公論新社主催の「新書大賞2017」の大賞に選ばれた1冊です。

その年の新書No1ということもあり、内容は面白いです。

 

若干残念なのが、ストーリテーラーになっているのじゃないだろうか?と思わせる箇所が何箇所かあったところです。

「言ってはいけない 残酷すぎる真実」に載っている証拠の多くは、結論ありきに見えてしまいます。

もしかすると、客観的に真実を判断したい人には腑に落ちない箇所があるかもしれません。

引用されている研究も少しばかり古く、現在の研究ではどうなんだろう?と考えされるところもありました。

 

それでも、世の中の人が議論したがらない事実に踏み込んでいる点で、「言ってはいけない 残酷すぎる真実」を非常に面白く読むことができました。

 

この本で描かれている残酷すぎる真実は、主に以下の3つです。

Ⅰ 努力は遺伝に勝てないのか

Ⅱ あまりに残酷な「美貌格差」

Ⅲ 子育てや教育は子どもの成長に関係ない 

 

ここで取り上げられている残酷な事実は、わざわざ活字にしなくても何となく感じている人も多いのではないでしょうか?

 

例えば、以下のようなものが挙げられます。

・サッカー選手になりたくても、努力してもなれない。

・女優になり、大金を稼ぐのは美人である。

・塾通いをして、お金をかけて、育てた子供がグレる。 

 

 わざわざ統計を取ることなく、これらは事実として認識されているでしょう。

しかし、これらが事実だとしても人は、自分の意思で生活を選べるように なるべきでしょう。

この本に書いてあるものとして、知能は遺伝による影響が大きいというものがあります。

知能が人よりも劣るというのは、稼ぎが他の人より少なくなるということに繋がります。

つまり、貧困と格差が広がるということです。

 

人と人は異なるのです。

そういった教育をしながら、知能レベルになると全員同じであるといった狂った平等主義に陥るのはなぜでしょうか?

そういった不平等に群がる何かが存在する気がしてならないです。

 

こういった不都合を直視して、つまり、「言ってはいけない 残酷すぎる真実」に上がっている事実を踏まえながら、我々の生活を構築する必要があるでしょう。

 

 

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

 

 

以上

阪神競馬場に初めて行くときに気をつける5つのこと。

阪神競馬場に初めて行ってきたので、行く前に知っとけば良かったということを挙げてみます。

というか、競馬場が初めてだったので、初めて競馬場に行く前に知っておけば良かったなということを挙げてみます。

 

1.馬券の買い方を知っておこう。

競馬場に行っても馬券の買い方を知らなかったら、楽しめないです。

阪神競馬場では、初心者のための講座を開催してくれていますが、時間がもったいないです。

馬券の買い方については事前に学んで行ったほうがいいかもしれません。

同時にレースの賭け方についても学んでたほうが良いでしょう。

 

 

2.場内の飲食物が高い。

競馬場内にある飲食物は、場外で買う飲食物より3割ぐらい高いです。

場外で買って持ち込んほうが良いと思います。

阪神競馬場の場合、入場料は200円という破格の値段ですし、飲食物の値段が挙がることはしょうがない気がしますが、買うのを躊躇するぐらい高いです。

ただし、競馬場を堪能する気で行くなら、場内で買うことも全然悪くないでしょう。

 

 

3.帰り道が混む。

レースが終わると、一斉に観客が帰路に尽きます。

そのため、阪神競馬場の場合は阪急仁川駅が混雑します。

少し時間をずらして、帰宅の途についてもいいかもしれません。

ただし、大きいレースがある場合は、阪急電車が臨時便を出してくれるみたいですので、終わってすぐに帰っても問題ないかもしれません。

 

4.場所取り率が高い。

指定席で見ない場合でも、自由に座れる席は場内・場外の両方に設置されています。

ただし、私が行ったときには場外の席はほとんど場所取りされていました。

たいていの場合、レースとレースの間には新聞が置かれて、人の姿はありません。

席の上にゴミが捨てられているかのような光景ですが、場所取りがされています。

気をつけましょう。

さらに、「席は譲り合いましょう」という看板がありますが、1人の人間が幾つもの席を占領しているのをよく見かけます。

この光景を見ると多少イラッとしますが、寛大な心で見過ごしましょう。

 

5.吠えたり、怒ったりしている人がいる。

競馬が始まると、吠えたり、怒ったりする人間が現れます。

得てして、おっさんです。

知らなかったら、少しビビります。

前もって耐性を付けておく必要があるでしょう。

 

 

以上

書評:老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 (野澤千絵)

Book review

 

住宅過剰は、もっと取り上げられるべき問題である。

 

昔は、マイホームを買うことが社会人のステータスの1つでした。

「昔は」という表現は正しくないのかもしれないです。

今もなお、新築の一戸建てや新築マンションは増え続けています。

増えているということは、需要がある程度見込めるからなので、新築の一戸建てや新築マンションを講習する人は後を絶えないといえるでしょう。

価値観が多様化している現在でさえも、マイホームを買うことが一種のステータスであるといえるでしょう。

 

しかし、このようなマイホーム神話の反動は徐々にでてきているといえるでしょう。

「老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路」では、その反動について詳しく解説してくれています。

 

その反動は、田舎と都会ともに生じています。

 

親が暮らしてきた家やマンションに、子どもたちは暮らさなくなりつつあります。

暮らさないだけではなく、子どもたちは結婚すると新たにマンションや家を購入します。

そうすると、親が死んだときに、親が暮らしていた家に住む人がいなくなります。

その場合、親が暮らしてきた家は空き家になってしまいます。

 

これが、老いる家  崩れる町に繋がります。

空き家の手入れはお金がかかるため、空き家は放置され続けます。

手入れされていない家は崩壊の危険や景観を乱すことになり、そういった地域には新たに人が住み着かなくなります。

 

こういった現象は、すぐ目の前まで来ています。

特に団塊の世代が亡くなる時期になると、空き家問題は顕著に現れてくるでしょう。

上の問題だけではなく、住宅の値崩れから生じる経済問題など、様々な社会問題を併発する可能性があります。

 

全ての原因は、住宅過剰社会といえるでしょう。

自らの返済能力を超える住宅を購入していたことに端を発するサブプライム問題となんら違いはないでしょう。

住宅過剰に作り続けたツケは、近い将来やってくるでしょう。

「老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 」には、その辺りのことが詳しく載っています。

 

老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 (講談社現代新書)

老いる家 崩れる街 住宅過剰社会の末路 (講談社現代新書)

 

 

以上

特別お題「おもいでのケータイ」

特別お題「おもいでのケータイ」

 

Xperia ray SO-03C

Xperia ray SO-03C docomo [White]

 

初めて持ったスマートフォンです。

スマートフォンが大型化していくなかで、時代に逆行していたスマートフォンでした。

 

ショップで一目惚れして即購入。

そのときのことは、今だに忘れられません。

ショップの店員さんが、「この機種は女性の手でも片手で持てるように作られたスマートフォンです。」と紹介してきたことを。

その紹介を男性にするのはマイナスでしかなかったです。

一目惚れしたものの、その一言で急に決められなくなりました。

結局、自分の気持ちに抗いきれず、Xperia Rayを購入しました。

 

このスマートフォンの本当の可愛さは使い始めて、1年を経過してからです。

スマートフォンが一切更新しなくなります。

更新どころか、メールすらダウンロードできなくなります。

FacebookやTwitter。

SNSをする人にとっては、必須のアプリはスマートフォンに入れられなくなります。

小型化したため、容量がほとんどないみたいです。

FacebookやTwitterはWEBサイトで見ることができるので、良かったのですが、LINEはWEBサイトでやり取りが見れないので、LINEアプリだけ入っていました。

 

そんな状態でも5年ぐらいは使い続けていました。

Iphoneにみんなが乗り換える中でも、不便なスマートフォンを愛し続けました。

 

そんなかわいいXperia Rayでしたが、別れは突然でした。

胸に一番近い位置にある胸ポケットにXperia Rayを入れて屈んだところ目の前にあったプールにダイブしていきました。

必死の看病ではありましたが、私のXperia Rayは亡き機種になりました。

私にとって、Xperia Rayは代わりがきかないスマートフォンでした。

 

今の技術を持ってさえすれば、普通のスペックを持ったXperia Rayが作れると思うので、ぜひ後継機を作っていただきたいです。

 

sponsored by KDDI

 

以上

書評: うまくいっている人の考え方 完全版 (ジェリー・ミンチントン)

Book review

 

自己啓発本です。

内容としては、他人は気にするな。自尊心を高めろ。みたいな内容になっています。

自己啓発本について、評価はしにくいです。

自己啓発本の多くの本の場合、間違ったことも書いてあれば、正しいことも書いてあるので。

 

自己啓発本の評価は、どういった内容の本であったかというより、どういった人間が読んだかに左右されます。

というわけで、「うまくいっている人の考え方 完全版」の評価は、この本を読んだ人間が決めれば良いと思います。

 

ちなみに私の場合、「うまくいっている人の考え方 完全版」は自身の理想に近い考え方が載っていたので、面白く読むことができました。

 

この本に書いてある内容をいくつか載せておきます。

 

・他人の評価を気にするな。

・自分のしたいことをしろ。

・他人にイライラするな。

・ミスしても、クヨクヨするな。

 

まぁ、どれも自己啓発本に載ってそうな内容になってますが。

 

少なからず、「その場で咲きなさい」みたいな逃げることを良しとしない本よりかは、まともなことが書いてありました。

自分のしたいことだけをしろ。と

 

やる気が出なくて困っている人なんかは、この本を読んだら、やる気が出てくるかもしれません。

 

 

 

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

うまくいっている人の考え方 完全版 (ディスカヴァー携書)

 

 

以上