日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評: 労基署は見ている。(原論)

労基署とは、労働基準監督署の略である。

その労働基準監督署が何をしているかというと、労働法に違反している会社を取り締まってくれている。

 

取り締まるというと、逮捕とか訴訟を行っていると思われるかもしれないが、基本的には労働法を違反していても、そんなことにはならない。

よほどの悪質な行為ではないかぎり、労働法に違反している会社があったとしても、是正勧告が行われて終わりである。

もちろん、是正勧告を無視するようなことをすると、労基署はそのブラック企業に関して鉄槌を下すことになる。

 

この本の著者である原論さんは、そんな労働基準監督署で19年間勤められた労働環境のスペシャリストである。

そんな原論さんが、労働基準監督署で勤められていた時に出会ったダメな企業が、「労基署は見ている。」では紹介されている。

 

 私は「労基署は見ている。」を労働基準法について書かれものだと思い、手にとったのですが、正直言って想定とはまったく違ったものでした。

「労基署は見ている。」は労働基準法について詳しく書かれた本であるというより、むしろブラック企業の実体をあぶり出しているルポルタージュに近い本です。

 

労働基準法について詳しく知ることはできませんでしたが、世の中のダメな企業を知ることはできました。

ダメな企業って山ほどあるんだなぁと、つくづく感じます。

 

特に労働環境を改善する気がない企業なんて、どうしようもないです。

そんな企業はやっさと潰してしまうか、労働者は今すぐにでもその企業を辞めるべきでしょう。

もちろん、その企業を辞めると自分には行き先がないと考える人の気持ちも分かります。

 

でも、労働者のことを考えてくれる企業は、労働者にどの企業へ行ってもやっていけるようなスキルを与えてくれます。

労働者がどこへ行ってもやっていけるようなスキルを与えてない企業は、労働者のことを考えてくれていません。

そんな労働者のことを考えない企業に居て、幸せになることができるでしょうか?

私は、幸せにならないほうに賭けます。

 

「労基署は見ている。」に出ている企業は氷山の一角でしょう。

ダメな企業をあぶり出すために、日本の労働環境を良くするために、ぜひ労働基準監督署に頑張ってもらいたいです。

 

労基署は見ている。 (日経プレミアシリーズ)

労基署は見ている。 (日経プレミアシリーズ)

 

 

以上

GoogleがEUから罰金を食らったみたいだから、Googleへの思いをつぶやいてみた。

 

 

 

 

GoogleがEUから罰金を食らったというNewsを見て、連投したのをまとめてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、Googleを支持。

書評: ヒキコモリ漂流記(山田ルイ53世)

この前、ワイドナショーを見ていると山田ルイ53世さんが出演されていて、コメントがなかなか秀逸だった。

例えば、下の感じである。

 

 (地方のスーパーでの仕事の後にツイッターでエゴサーチをしたとき、地元の高校生が「髭男爵が近所のスーパーマーケットに来る。こんなど田舎まで来るなんてもう終わってる」とつぶやいているのを見つけてしまったことに対して)

「お前を育んでくれた地元を犠牲にしてまでね、髭男爵ディスるかと。おかしないすっか、こういう感覚。おもろないとか消えたとか。これだけは言いたい。その厳しい目、自分自身の人生に向ける勇気ある? あるんやったらいいんですけど。」 (2017年6月18日放送ワイドナショーより)

 

まぁ、間違いない。

この高校生は、ちょっと芸人をイジってやろうと思ってつぶやいたのかもしれないが、残念ながらこれは人を傷つけるだけのつぶやきになってしまっているので。

 

この高校生をバッサリ切れる山田ルイ53世さんが、どんなバックグラウンドで育ったのかちょっと気になり、「ヒキコモリ漂流記」を読んでみました。

1〜2時間で読み終わるのですが、文章がおもしろく、時間を感じることなく読み終わることができます。

 

私は知らなかったのですが、壮絶な人生を歩まれています。

とはいっても、麒麟の田村さんの「ホームレス中学生」のほうがインパクトは強いかもしれませんが。

 

それでも、山田ルイ53世の人生も他に類を見ないものです。

簡単に図示すると、以下のようなものです。

 

神童と呼ばれた小学生→

中学生からヒキコモリ→

大学中退→

夜逃げして芸人

 

そして、節々にそのとき思っていた本音が出てきています。

小学生時代には、ヒエラルキーみたいなものを意識していたとか。

 

当時そういうことを考えていたとしても、実際には中々振り返ることはできないものです。

自分のことを思っても、やはりヒエラルキーみたいな考え方を意識・無意識問わずしていました。

今は改心しましたが。。

 

どうしても、自分の過去の嫌なことに蓋をしがちです。

真摯に過去を振り返ることはなかなか難しいものです。

山田ルイ53世さんの場合、昔の振り返りを真摯にされたからこそ、あのワイドナショーでのキレキレのコメントがあったのかもしれません。

 

今後の山田ルイ53世さんのコメンテーターとしての活躍と、髭男爵としての活躍を祈って終わりにします。

 

ヒキコモリ漂流記

ヒキコモリ漂流記

 

 

以上

書評:魂の退社(稲垣えみ子)

 

この本を読めば、「頭をアフロにしてみよっかな。」とつい考えてしまう。

アフロにしただけで人生が一変することはないかもしれないが、でも何かが変わる予感がする。

 

社会人になってから、嫌というほど狂った価値観を押し付けられてきた。

 

頭は染めるな。

寝癖は立てるな。

髭は毎日剃れ。

 

アホらしくてやってられない。

丸坊主でさえも、圧が出るから禁止とされる。

 

こんなアホらしくてやってられないことをしないと、社会人になれないらしい。

でも、これらのルールは社会が決めたことではなくて、企業が決めたことである。

憲法でもなければ、法律でもない。

 

企業の独自のルールである。

なので、これらのルールを守ると社会人になるというより、企業人になるといったほうが正確かもしれない。

 

企業人になったら最後、企業に依存した人間になってしまう。

(決して企業人が悪いと言っているわけではないので、悪しからず)

 

この本の著者である稲垣えみ子さんもアフロにするまで、企業人だったみたいである。

企業に依存し、頑張ることが最高の美みたいな生き方。

正直言って、企業人に憧れはしない。

 

稲垣えみ子さんが勤められていた朝日新聞の決まりは知らないが、アフロという社会不適合者の印のような髪型になると、世界が一変したらしい。

 

 まずは、人の目を引き、人から声をかけまくられらるしい。

いわゆるモテモテである。

 

そこから、一発奮起して、企業を辞める。

そのまま会社で定年まで働いても、稲垣えみ子さんなら十分にやっていけただろう。

新聞等でコラムを書いても人気があるので、朝日新聞としては必要な人材を無くしたことになる。

 

でも、活かすべきは個人であり、決して企業ではない。

日本の場合、活かすべきが企業になることが往々にしてある。

活かすべきが企業になってしまっている企業で働くのは、辞めたほうが良い。

 

さっさと辞めちまえと思ってしまう。

企業に依存するぐらいなら、退社したほうが良い。

魂の退社。

とりあえず、アフロにしてから退社について考えるのもありかもしれない!!

 

魂の退社

魂の退社

 

 

以上

書評:伝説の7大投資家 リバモア・ソロス・ロジャーズ・フィッシャー・リンチ・バフェット・グレアム (桑原晃弥)

投資家といえば、金の亡者を思い浮かべる人も多いだろう。

しかし、実際にはそうではない。

金の亡者は、お金を稼ぐことはできないのである。

 

金の亡者は、どうしても目先のあぶく銭を稼ぎがちになる。

目先の金稼ぎのあとには、大金を稼ぐことになるかもしれないのにもかかわらず、 それを逃しがちである。

 

なぜ目先の金稼ぎをしてしまうのだろうか?

それは、人間の感情のコントロールに起因している。

人は、成功の体験を欲しがり、失敗の体験を嫌がる。

まぁ、普通はそうである。

 

投資の場合、失敗したとしても、そこから取り戻せると勘違いする。

これは、損切りできない人の典型である。

少しでも成功した場合には、反対にその成功をすぐに確定しようとする。

言うなれば、利確である。

このちょっとした成功体験を元に人は成功しがちである。

結果、損切りできなくなるのである。

 

「伝説の7大投資家 リバモア・ソロス・ロジャーズ・フィッシャー・リンチ・バフェット・グレアム」に登場する人間は、そういった感情のコントロールに秀でている投資家たちである。

この本に出てくる7大投資家は、以下の方々である。

 

「ウォール街のグレートベア」ジェシー・リバモア

「イングランド銀行を潰した男」ジョージ・ソロス

 「百聞は一見に如かず」ジム・ロジャース

「成長株集中投資の大家」フィリップ・フィッシャー

「伝説のファンドマネジャー」ピーター・リンチ

「オマハの賢人」ウォーレン・バフェット 

「バフェットの師」ベンジャミン・グレアム

 

そうそうたるメンバーである。

(でも、メンバーのうち、何人かは破産経験があります。)

 

彼らに共通するのは、失敗を恐れず、自信を持って投資していることです。

失敗を許容する環境もあるのかもしれません。

 

自分に自信があると、損切りができないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、彼らは損切りのタイミングも含めて、自信を持って行動しています。

自信は、彼らの経験、努力から湧いてきているものです。

結局、経験と努力って必要だよねという話になります。

まぁ、これからの時代はAIに頑張ってもらいましょう。

 

この本を読み終わると、で日本人は?という疑問が生じます。

正直言って、日本の優れた投資家は?と聞かれれば答えることはできません。

強いて言えば、孫正義さんでしょうか?

 

日本に優れた投資家がいないことは、失敗を恐れる環境のせいかもしれませんし、根拠の無い自信家が多いからかもしれません。

それはわからないです。

 

「伝説の7大投資家 リバモア・ソロス・ロジャーズ・フィッシャー・リンチ・バフェット・グレアム」のような本を読み、世界に名を轟かせるような日本人投資家が出てきてほしいものです。

 

 

以上