脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

Life style

紙の本から電子書籍(Kindke)へ移行します。

恐ろしく、紙の本から電子書籍(Kindle)へと移行するかどうかで悩んでいる人はたくさんと思います。 私もなかなか決意できませんでした。 しかし、あることがきっかけで、私は紙の本から電子書籍(Kindle)へと変更することを決意しました。 本を購入する人には…

京都府南丹市・船井郡で行くべきオシャレな観光地4ヶ所。

私の地元は、京都府南丹市というまぁ何もないところです。 地元に来た人がどこか行った方が良い場所はないかと、ときどき聞いてくるのだが、正直言ってそんな場所はないです。 電車の便は悪いですし、車で来る人も素通りする人が多いです。 もちろん、山奥に…

題名に一流やエリートが付いている本や記事が多すぎやしないか?

一流やエリートなどが題名に付いている本や記事をたくさん見かけます。 一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる 作者: ミセス・パンプキン,ムーギー・キム 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/02/19 メディア: 単行…

「#映画タイトルを会社に帰ると切ない。」を見ると切ない。

「#映画タイトルを会社に帰ると切ない。」というハッシュタグがTwitterで流れていて、その内容がなかなかのおもしろいので、取り上げてみます。 人気があったツイートを並べてみます。 〜会社〜 着信アリ #映画タイトルを会社に変えると切ない— バロさん (@…

ブログを始めて、ブロガーがすごいと思った3つのこと。

ブログを始めて、約半年ぐらいが経ちました。 いっこうにアクセス数は増えませんが、だからといって途中で止めるのもいやなので、とりあえず続けています。 何よりアクセス数を増やそうとしていないことが、一番の問題だと思いますが。 といっても、有名なブ…

本心で会社の「辞めどき」は15のポイントを挙げてみた。

下のような記事があったのですが、15ポイントがマイルドに書かかれぎていたので、本心に近い感じの15ポイントを挙げてみます。 toyokeizai.net ちなみに上の記事で書かれていた「辞めどき」15ポイントは以下のような内容になっています。 ・働かない社…

スポーツ中継の解説なんて、誰でもできるんじゃないのか。

スポーツ中継を見てて思うのですが、解説者って誰でもできるんじゃない? スポーツ中継でよく聞くセリフとそのセリフに対する感想を挙げてみます。 ・この選手は最近調子いいですからね。期待しましょう。 →いやいや見てたら、分かります。 ・最近試合に出て…

電通の過労死問題に思う労組の役割と36協定の問題。

絶対に過労労働死なんて出してはいけないです。 しかし、残念ながら、電通から過労労働死が生まれてしまいました。 政治の社会で働き方改善が訴えられている中での出来事ということで、さらに無念でならないです。 現在、ほとんどの政党が働き方改善を訴えて…

トランプ氏の勝利に思うリベラル派の衰退

2016年11月9日、トランプ氏がオバマ氏の大統領に就くことがほぼ決定的となりました。(代議士が狂って、クリントン氏に投票するとかの可能性はゼロではないので) 日本では、なんだかんだでヒラリー氏が大統領に就くだろうという空気が蔓延していましたが、…

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」

「5年後の自分へ」 5年前に今の自分を想像していなかったように、5年後の私の姿を思い浮かべることはできないです。 このブログを書いている時から5年前といったら、2011年です。 その頃の私は、大学3年生ぐらいですね。 高校時代に唐突に文学に目覚め始めて…

書評:人生と面白くする本物の教養(出口 治明)

「人生と面白くする本物の教養」は、読めば出口 治明さんが推奨されている「本・人・旅」がなぜ必要なのかが分かる本になっています。 出口さんが推奨されている「本・人・旅」については、以前このブログで紹介させていただきました。 blog.pitre.jp 「人・…

書評:世界一やさしい ブログの教科書 1年生(染谷 昌利)

ブログを始めて、少しやる気がなくなった頃に書店で並んでいた「世界一やさしい ブログの教科書 」を見つけて購入しました。 この本の目次は以下の通りになっております。 【ホームルーム】ブログってこんなに楽しい! 【1時限目】ブログの運営と基礎を学ぼう…

書評:「学力」の経済学(中室 牧子)

若年層の学力低下が問題になっているらしい。 そのためなのか分からないが、世間では3兄弟全員を東大に入れた母親が書いた本が売れているらしい。 しかし、今の日本教育に必要な物は3兄弟全員を東大に入れた母親という特殊かつ、感覚的なものだろうか。 実…

出口治明さんの「人・本・旅」が素晴らしいので、紹介します。

出口治明さんは、戦後初独立系生命保険会社であるライフネット生命の代表取締役社長です。(2016年9月現在) そんな出口治明さんが勧めておられる「人・本・旅」という価値観が素晴らしいので、紹介してみよと思います。 出口治明さんは、人生において「人・…

企業の働き方改善はどうなってる?

働く人の働き方を改善しようと企業は躍起になっている。 躍起になっているのは企業だけではなく、政治家も日本の働く環境を問題視し、働き方の改善を訴えている。 小池百合子東京都知事も働く環境を問題視し、東京都の公務員の終業時間を原則20時までにす…

防災の日に思う。防災訓練やってる会社なんてあるのか?

今週のお題「防災の日」 www.sankei.com 本日2016年9月5日11時頃に大阪にいた人には、防災訓練の通知が一斉に届いた。 中には防災訓練の通知が遅れて届いた人もいるみたいである。 周りを見ていると、ガラケーを使っている人なんかは通知が遅れてい…

台風が去って気づいた低気圧による眠気。

夏が終わり、台風の季節がやってきた。 今年の前半にはまったくと言っていいほど台風は日本に来なかったが、8月の半ばから頻繁に台風のニュースを耳にするようになった。 気象庁のホームページを覗いてみると、台風は以下のように説明されている。 気象庁|…

24時間テレビに思うチャリティーの難しさとメディアの自浄作用

今年も日本テレビが行うチャリティー24時間テレビが放送された。 www.ntv.co.jp 毎年行われているこの24時間テレビは、多くの有名人が出演しており、夏の終わりの風物詩となっている。 しかし、この24時間テレビはチャリティーの要素を持っているため…

SMAP解散に思う芸能界という特殊環境

辞めたきゃ辞めればいいじゃんと思ってしまうが、芸能界はそうはいかないらしい。 多くの芸能人は、芸能事務所と交わす契約やスポンサーと交わすCM契約などが存在しているため、簡単に所属事務所を変更したり、芸能界を辞めることはできないらしい。 所属先…

マクドナルドの原点回帰について

Windowsのビル・ゲイツも ゴルフ界一の有名人タイガー・ウッズもマクドナルドが大好きである。 そして、恥ずかしながら私もマクドナルドが大好きである。 それもジャンキーなマクドナルドが好きで、お洒落感が強いマクドナルドではない。 お洒落感が強いマッ…

SNSで自分の写真は載せないけど、自分の子どもの写真は載せるという暴挙について

最近、SNSを見ていて、人の写真をSNSに投稿している人間には4パターンあることに気づいた。 以下、気づいた4パターンを列挙すると ①自分も他人の写真も載せる。 ②自分の写真だけ載せる ③他人の写真だけ載せる。 ④誰の写真も載せない。(風景とかは載せる。…

テレビが無いと世の中に疎くなるということを実感。

もしかしたらテレビが無い生活を始めようと思いながら、今まであったものが急に無くなることに、どことなく不安を感じている方が居られるかもしれない。 そこで、テレビが無い生活がどんなものかを記したいと思う。 結論から述べると、巷でよく言われるよう…

転職して、「明日、月曜日か…」と言わなくなった件について

転職してからというもの、「明日、月曜日か…」と言わなくなった。 しかし、現在の私の周りでは、約9割の人間が「明日、月曜日か…」とボヤいている。 残りの1割の半分は、月曜日が出勤ではない不定休の人間であり、残りの半分は会社が楽しくてしょうがない…

新しい時代の生き方~イケダハヤトさんに学ぶ。~

イケダハヤトさんは世の中のしがらみから離れたブロガーである。 詳しくは以下のブログを読んで下さい。 まだ東京で消耗してるの? そんなイケダハヤトさんなのだが、最近のはてなブログでは、非難記事をよく目にする。 非難の理由の多くは現実においてイケ…

新しい時代の新しい生き方〜ハーブ&ドロシーみたいに〜

毎日毎日残業。 残業しろと言われないけど、残業しろという圧を感じて残業。 そんな圧を無視して、帰ると最後。次の日には残業による多重債務者になり、負のスパイルに突入してしまう。 こんな感じで毎日毎日仕事に疲弊して、定年まで働く。 20代には「そ…