日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

Movie

感想:沈黙 -サイレンス-(監督:マーティン・スコセッシ、原作:遠藤周作)

あまり注目されていませんでしたが、沈黙 -サイレンス-がついに公開になったので、見に行ってきました。 原作は、遠藤周作の「沈黙」になります。 沈黙は、江戸時代の禁教令に対して抗ったキリスト教信者について描いた作品です。 この作品は、不朽のキリス…

書評: 世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア(入山章栄)

経営者について語った本は多く出版されていますが、経営学者について語った本はあまり出版されていません。 その数少ない経営学者に語った本の1つが、「世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア」になります。 この…

書評: ジェフ・ベゾス 果てなき野望(ブラッド・ストーン)

本の通販サイトから始まり、Prime NowやAmazon Goといった時代の先を行くサービスを手掛けるAmazon。 GoogleやAppleといった時代の覇者と肩を並べ、常に新しいことを手掛けるAmazon。 Amazonは多くの人の生活に入り込んでおり、無くてはならない存在になって…

書評:ちょっとだけLinuxにさわってみたい人のための Bash on Ubuntu on Windows入門  (中島能和)

本当にちょっとだけLinuxに触りたい人の本です。 Bash on Ubuntu on Windowsは、すごく簡単にインストールできて、簡単なコマンドを叩くことができます。 lsコマンドやcdコマンドなど、Windowsを触っている人には馴染みのないコマンドが簡単に叩けるというの…

感想:ジョン・ナッシュを描いた「ビューティフル・マインド」

「ビューティフル・マインド」という映画は、ジョン・ナッシュの半生を描いた作品です。 ジョン・ナッシュは、「ゲーム理論」の生みの親で、その功績が認められて、ノーベル経済学賞を受賞しています。 その影響は多岐に渡っており、生物学・経営学・心理学…

書評:虹いくたび(川端康成)

「虹いくたび」は、川端康成による1冊です。 川端康成は、ノーベル文学賞を受賞した日本を代表する小説家の一人です。 あの時代の日本の小説家が書く素晴らしく、現在でも読まれ続けています。 谷崎潤一郎、三島由紀夫、川端康成、安部公房、遠藤周作。 名…

書評:ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える(ラズロ・ボック)

多くの会社で人手が足りていないです。 特に優秀な人材は引く手あまたで新たに雇うことは難しいです。 魅力がない会社だと、優秀な人材を新たに雇えないばかりではなく、留めておくことも難しいです。 しかし、このことは魅力的な会社であると一変します。 …