脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

マンガ大賞2017の1位から5位までの順位を勝手に予想してみる。

マンガ大賞は、2008年から続く有志によるマンガ賞です。 書店員をはじめとした様々職を持った人が選考員になり、投票により大賞が選ばれます。 マンガ大賞の選考対象としては、その年の1月1日から12月31日に出版された単行本の内、最大巻数が8巻までの作…

家族性高コレステロール血症と診断されて。

社会人になると、健康診断で血液検査が行われます。 まずは社会人1年目の血液検査。 健康診断に引っかかている人なんてほとんどいません。 一方で、健康診断で引っかかている人には、封筒付きで健康診断の結果が渡されました。 まさに、現代版赤紙です。 心…

書評: 永江一石のネットが面白くてナニが悪い!!: ブログ3年間でバズった59エントリー総まとめ(永江一石)

永江一石さんが書かれたブログのうち、バズったものだけをまとめた本になります。 永江一石さんはITマーケティング日記というブログを書かれおり、私は知らなかったのですが、ブロガー?としても有名な方みたいです。 経歴もすごくて、一時代を作ったライブ…

多様こそアメリカがアメリカたる理由だと思うのだが。

アメリカのトランプ大統領がイスラム圏7カ国の国籍を持った人々の入国を禁止ししたらしい。 それに反応したように、Facebook、Apple、Twitter、Microsoft、UberなどのIT企業各社やそのCEOが、影響を懸念するコメントを社内外に発表しているみたいです。 その…

グーグルが教えてくれる「良い上司の8つの特色」

マネージメントの本は本屋に行くと、ところ狭しと並べてあります。 世の中が良いマネージメントを求めていることの証拠だと思います。 おもしろいことに本が変われば、まったく異なるマネージメント論が載っていたりします。 マネージメント論にはそんな矛盾…

書評:【新装】週末起業 虎の巻 会社を辞めずにできる起業の練習帳(藤井孝一、森秀樹)

企業してみたいなと思っているけど、会社を辞めるにはリスクが高すぎると考えている人には、週末起業がぴったりです。 ここで言う週末起業とは、休みの日だけ企業してお金を稼ごうというものではないです。 どっちかというと、副業に近いです。 仕事の以外の…

書評: 沈黙のWebライティング ?Webマーケッター ボーンの激闘?〈SEOのためのライティング教本〉(松尾茂起、上野高史)

ついにボーンの秘密が!? ボーンとは、「沈黙のWeb〜」シリーズに出てくる優秀なWebマーケターです。 シリーズ1作目である「沈黙のWebマーケティング」を読まれた方は、少し気になっている内容だと思います。 もちろん、「沈黙のWebライティング 」のメイ…

書評:沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション(松尾茂起、上野高史)

Webマーケティングに興味がある方やこれから始めるという方には、ぜひオススメの1冊になります。 そういったWebマーケティングについて学ぼうと思っている方の中には、もしかするとこの本の表紙を見て手に取ることを辞められた方もいるかもしれません。 こ…

書評: ブログ飯 個性を収入に変える生き方(染谷昌利)

ブログ飯とは、お笑い芸人のコンビである「笑い飯」にあやかって付けられた名前だそうです。 笑いでご飯を食べるというのが「笑い飯」の由来になるみたいなのですが、ブログでご飯を食べられるようになるというのが、ブログ飯の由来になります。 このブログ…

書評:仕事は楽しいかね?《最終講義》(デイル・ドーテン)

『仕事は楽しいかね?』シリーズの最終巻になります。 ちなみに、「仕事は楽しいかね?《最終講義》」は、【決定版 仕事は楽しいかね? ?会社の宝になる方法】を再編集したものになるので、内容は同じものだと考えてもらって大丈夫です。 「仕事は楽しいかね?…

はてなブログにTwitterのフォローボタンをつける方法。

はてなブログとTwitterを連携している方向け 1、はてなブログのダッシュボードに行き、デザインをクリックします。 2、カスタマイズ⇛サイドバー⇛プロフィール【編集】を順番にクリックします。 3、下の方にある【フォローボタン】にチェックを入れ、適用…

オススメの漫画:ストップ!!ひばりくん!

「ストップ!!ひばりくん!」は、 江口寿史さんによって書かれた漫画になります。 江口寿史さんは、漫画けんイラストレーターとして活躍され、御年60歳(2017年1月現在)になられます。 そんな江口寿史さんは、遅筆として知られており、この「ストップ…

書評: 仕事は楽しいかね?2(デイル・ドーテン)

「仕事は楽しいかね?」を読んでおもしろかったので、すぐに「仕事は楽しいかね?2」を読み終わりました。 「仕事は楽しいかね?」は、人生のキャリアについて書かれていましたが、「仕事は楽しいかね?2」は、ビジネスの人間関係に特化しています。 仕事…

書評:仕事は楽しいかね?(デイル・ドーテン)

「仕事は楽しいかね?」と聞かれて、「はい。仕事は楽しいです。」と正直に答えられる人は日本にどれぐらいいるのだろうか? 個人的には、仕事を心から楽しんでいる人はほとんどいないと思います。 月曜日の朝が憂鬱な人がたくさんいるように。 そういった仕…

Bash on Ubuntu on Windows のダウンロードしてみた。

Windowsを開発者モードにする。 ・スタートメニューから「設定」を選択。 ・「更新とセキュリティ」を選択。 ・左側のペインから「開発者向け」を選択。 Bash on Ubuntu on Windowsをダウンロード ・「スタートボタン」を右クリックもしくは【Windowsマーク…

感想:Social Talk(VOGA)

2017年1月13日(金) ~1月16日(月)に公演されているVOGAの「Social Talk」を見に行ってきました。 ちなみに、私が見に行ったのは2017年1月14日(土)13:30〜の公演です。 VOGAは草壁カゲロヲ・近藤和見という2人によって結成され、関西を中心として活動され…

書評:老舗を再生させた十三代が どうしても伝えたい 小さな会社の生きる道(中川淳)

中川政七商店を再生させた中川淳さんが、そのときの経験を活かして、経営難に陥っている様々な老舗を復活させた内容をまとめた本になっています。 中川淳さんは、中川政七商店十三代目の社長をされている傍ら、工芸復活の請負人としてコンサルタントのお仕事…

トランプ氏が米国経済を成長させているという事実。

トランプ氏が大統領にすることが決まって、数ヶ月が経ちましたが、世界の情勢はほとんど変化が無いです。 むしろ、トランプ氏が正式に大統領になることを待っているのような嵐の前の静けさが続いています。 トランプさんが大統領選挙でクリントン氏を下した…

書評: 現代アラブの社会思想(池内恵)

「現代アラブの社会思想」は、現代のアラブがどのような思想で成り立っているかを論じた本になります。 もちろん、アラブ地域における代表的な宗教であるイスラム教抜きではアラブ地域の思想は語れません。 日本の仏教に様々な宗派があるように、イスラム教…

書評: 申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。(カレン・フェラン、翻訳:神埼朗子)

なんで、こういう本が売れないのだろうか? 世間で流行っているの本は、「マッキンゼーで学んだやり方」とか「一流やエリートはこうする」みたいな本ばかりである。 一方で、「マッキンゼーで学んだやり方」や「一流やエリートはこうする」みたいなやり方を…

片岡飛鳥さんが復帰してから、面白いめちゃイケが帰ってきた。

2016年6月にフジテレビ内で大きな人事異動がありました。 その結果、めちゃイケに片岡飛鳥さんが帰って来られました。 片岡飛鳥さんといえば、「業界の帝王」といわれるぐらい、お笑い番組の製作者として名を馳せた方です。 「めちゃイケ」や「はねるのトび…

書評: チャートがしっかり読めるようになるFX入門(佐藤正和)

FX入門書の1冊です。 「チャートがしっかり読めるようになるFX入門」という題名が付いていますが、チャートのことだけではなく、FXに入門するうえで必要なことが書いてあります。 前半はFX全般についての説明があり、後半になるとFXチャートについての説明…

紙の本から電子書籍(Kindke)へ移行します。

恐ろしく、紙の本から電子書籍(Kindle)へと移行するかどうかで悩んでいる人はたくさんと思います。 私もなかなか決意できませんでした。 しかし、あることがきっかけで、私は紙の本から電子書籍(Kindle)へと変更することを決意しました。 本を購入する人には…

書評:難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!(山崎元、大橋弘祐)

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」 なんと都合が良すぎる題名でしょうか? そんな都合の良いお金の稼ぎ方はないと分かりながら、この本を購入。 この本の中でもそんな都合の良いお金の増やし方は存在しないと明言されていま…

年賀状って必要?不要?

2016年1月1日のワイドナショーで、古市憲寿さんが「年賀状って、まだ書いている人いるの?」みたいなことを言われていました。 ワイドナショーに出ていた多くの芸能人も書いていないみたいです。 芸能界という特殊な環境だけではなく、一般社会でも年賀状を…

書評: How to Design いちばん面白いデザインの教科書(カイシトモヤ)

デザイン関連の本をすべて読んだことがないので、いちばん面白いかどうかは分かりませんが、説明は分かりやすいです。 本の内容で冗談が無かったことをふまえると、この面白いというのは冗談的なものではないみたいです。 この本がデザインを面白おかしく説…

WELQ問題。まとめサイトについて考える。

巷では、WELQの医療記事が問題になっています。 というか、まとめサイト自体が問題になっています。 記事の嘘、写真や記事の盗用などなど。 まとめサイトの問題には、枚挙にいとまがありません まとめサイトの問題は今に始まったことではないです。 ずっと前…

書評:デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論(デービッドアトキンソン)

新・観光立国論を書かれたデービット・アトキンソンさんによる新著になります。 デービット・アトキンソンさんはイギリス人ですが、大学では日本学を学び、現在では日本暮らしをされているかなり日本通の方です。 「新・所得倍増論」は、そんなデービット・…

京都府南丹市・船井郡で行くべきオシャレな観光地4ヶ所。

私の地元は、京都府南丹市というまぁ何もないところです。 地元に来た人がどこか行った方が良い場所はないかと、ときどき聞いてくるのだが、正直言ってそんな場所はないです。 電車の便は悪いですし、車で来る人も素通りする人が多いです。 もちろん、山奥に…

書評:資本主義の終焉と歴史の危機 (水野 和夫)

「資本主義の終焉と歴史の危機 」という題名の通り、資本主義がいかに限界が近づいているかが書いてある一冊です。 この本を読み、「富める者はますます富み 貧しき者はますます貧しくなる」という言葉を思い出しました。 「富める者はますます富み 貧しき者…

題名に一流やエリートが付いている本や記事が多すぎやしないか?

一流やエリートなどが題名に付いている本や記事をたくさん見かけます。 一流の育て方―――ビジネスでも勉強でもズバ抜けて活躍できる子を育てる 作者: ミセス・パンプキン,ムーギー・キム 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2016/02/19 メディア: 単行…

書評:SEO対策のための Webライティング実践講座(鈴木 良治)

「SEO対策のための Webライティング実践講座」は、多くの人に見られるWebサイトを作成する上で必要な知識を与えてくれます。 SEOとは"Search Engine Optimization”の略で、検索エンジン最適化のことです。 検索エンジン最適化とは、WebサイトをGoogleのよう…

感想:松本人志のドキュメンタル最終話(4話)〜 死闘〜

ネタバレはありません。 ドキュメンタルは松本人志さんプレゼンツのお笑いバトルロワイヤルです。 10人のお笑い芸人たちが100万円を持ちより、最後まで笑わなかったひとが総取りで1000万円をゲットできるというものです。 ちなみに、笑ったかどうか…

「#映画タイトルを会社に帰ると切ない。」を見ると切ない。

「#映画タイトルを会社に帰ると切ない。」というハッシュタグがTwitterで流れていて、その内容がなかなかのおもしろいので、取り上げてみます。 人気があったツイートを並べてみます。 〜会社〜 着信アリ #映画タイトルを会社に変えると切ない— バロさん (@…

維新派を見逃した人はVOGAを見に行くべき。

Art

松本雄吉さんが亡くなられ、維新派が解散してしまいました。 維新派の最終公演になった『アマハラ』は素晴らしく、まさに有終の美という名にふさわしいものでした。 一方で、維新派の最終公演を見られなかったという人も多いのではないでしょうか? チケット…

書評:日本語の建築(伊東 豊雄)

建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を授賞された、日本を代表する建築家の伊東豊雄さんの著書です。 コンペがやり直しになった新国立競技場の1目回と2回目の両方に参加されたことでも有名です。 残念ながら、どちらのコンペでも伊東豊雄さんの案は…

書評:新自由主義の自滅 日本・アメリカ・韓国(菊池 英博)

新自由主義の限界が近づいているかもしれないと思わせる1冊です。 新自由主義とは、政府の介入を毛嫌いして、人々が欲しいものを買うことによって経済が成長するという考え方です。 人々が欲しがるもの、つまり、需要、それによって経済が成長し、正しい道…

感想:松本人志のドキュメンタル3話〜 脱落者続出〜

ネタバレはありません。 ドキュメンタルは松本人志さんプレゼンツのお笑いバトルロワイヤルです。 10人のお笑い芸人たちが100万円を持ちより、最後まで笑わなかったひとが総取りで1000万円をゲットできるというものです。 ちなみに、笑ったかどうか…

青木良太さん主催の「RYOTA AOKI POTTERY」に投資してみた。

青木良太さんは、若手陶芸家です。 若手陶芸家の中では、かなり名の売れている方です。 イケヤンという若手陶芸家のグループ主催したり、情熱大陸にも取り上げられたこともあります。 あと、チームラボ猪子さんが取り上げられた情熱大陸にもちょっとだけ出演…

サッカー界を見ていて思う、人を批判することには意味がない。

人を批判することには意味が無いです。 特にスポーツ界を見ていてそう思います。 特にサッカー界で一流と言われる監督に対してそういった思想が明らかです。 ここでいう、一流のサッカー監督はグアルディオラ、モウリーニョ、ベンゲル、クロップなどです。 …

書評:「建築」で日本を変える(伊東 豊雄)

建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を授賞したこともある日本を代表する建築家の1人である伊東豊雄さんの著書です。 最近では色々と問題があり、コンペがやり直しになった新国立競技場の2回のコンペにも参加されたことでも有名です。 そんな伊東豊…

感想:松本人志のドキュメンタル2話〜最初の脱落者は?〜

ネタバレはありません。 ドキュメンタルは松本人志さんプレゼンツのお笑いバトルロワイヤルです。 10人のお笑い芸人たちが100万円を持ちより、最後まで笑わなかったひとが総取りで1000万円をゲットできるというものです。 ちなみに、笑ったかどうか…

プログラマーがセンス良いと思われる文房具4選

プログラマーはオシャレではないイメージが強いです。 私服で会社に行っているが、身だしなみに気を使わないイメージがあるのではないでしょうか。 ヨレヨレのTシャツを着ているだとか。 実際にそんな人は多いです。 そんなプログラマーが持っているだけでセ…

書評:知れば知るほど得する税金の本(出口 秀樹)

12月の年末調整、3月の確定申告の時期になると、多くの社会人の方々は忙しくなるのではないでしょうか。 私もそうですが、やらないといけないと分かっていても、どうしたらいいのかが分からないという方が多いです。 そして、税金は法律の中でできるかぎり少…

ブログを始めて、ブロガーがすごいと思った3つのこと。

ブログを始めて、約半年ぐらいが経ちました。 いっこうにアクセス数は増えませんが、だからといって途中で止めるのもいやなので、とりあえず続けています。 何よりアクセス数を増やそうとしていないことが、一番の問題だと思いますが。 といっても、有名なブ…

オススメの漫画:子供はわかってあげない

オススメの漫画、「子供はわかってあげない」を紹介します。 2015年のマンガ大賞2位になっていますので、オススメしても今さら感は強いですが、紹介してみます。 「子供はわかってあげない」は、田島列島作のゆるい感じの漫画になります。 内容は二人の…

書評:小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識(那須 慎二)

最近、政府が重要視し始めた情報セキュリティの入門書のような一冊です。 題名に「常識」という言葉がある通り、セキュリティについての一般的な知識の解説をしてくれている本になっています。 「IT担当者のため」の書かれていますが、IT担当者じゃなくても…

感想:松本人志のドキュメンタル1話〜 勇敢な10人の参加者〜

ネタバレはありません。 というか、ドキュメンタルという番組で起こった笑いをうまく言葉にできる気がしません。 とりあえず、Amazonの紹介文を載せときます。 芸人達の元に松本人志から“ドキュメンタル”の招待状が突然届く。招待状を手にした者は驚き、戸惑…

本心で会社の「辞めどき」は15のポイントを挙げてみた。

下のような記事があったのですが、15ポイントがマイルドに書かかれぎていたので、本心に近い感じの15ポイントを挙げてみます。 toyokeizai.net ちなみに上の記事で書かれていた「辞めどき」15ポイントは以下のような内容になっています。 ・働かない社…

書評:いくらやっても決算書が読めない人のための 早い話、会計なんてこれだけですよ!(岩谷 誠治)

「いくらやっても決算書が読めない人のための 早い話、会計なんてこれだけですよ!」 題名を見ただけでどういった人をターゲットにしているかが分かります。 会計のことを勉強したけど、決算書を実際に見ても読めないという人をターゲットにしています。 そう…