日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

新旧ドラえもんについて思う。

Amazonプライム会員になると、ドラえもんの映画が見放題になります。

 

そこで、新旧問わずドラえもんの映画を最近BGM的に流しています。

(新旧とは、声優人が変わった後と変わる前を意識しています。)

 

新ドラえもん 

 

旧ドラえもん

 

 

10本ぐらい(新5本、旧5本)見て、新旧の違いに気付きました。

その違いは、絵が違うとか声優が違うとか当たり前のことではなく、

ドラえもんの発言についてです。

 

 

で、気付いたことっていうのは、ドラえもんが小難しいことを言わなくなってるってことです。。

昔からのドラえもん好きからすると当たり前のことかもしれませんが、旧ドラえもんは道具の仕組みを言わずにはいられない説明ロボットだったのに、新では説明を一切しなくなっており、道具の使用方法のみになっています。

 

旧ドラえもんの説明は、やたら難しくカンブリア紀とか何億光年とか小学生では絶対にわからないことを淡々と説明します。

あの説明を理解するのは頭が以上に賢いか、興味が偏っている小学生だけです。

どっちにしたってのび太みたいな小学生には理解できません。

 

で、新ドラえもんになるとのび太が理解していないことを分かったのか、

急に説明しなくなります。

 

賛否はあると思いますが、新ドラえもんは知識をひけらかすことはありません。

 

ただ、SFとしてドラえもんが好きで、説明ロボットが好きな私は、

少し残念の気持ちになります。

 

新ドラえもんでも、少しぐらいは小難しいことを言ってほしい。

(もしかすると、そこから興味が広がっていく小学生がいるかもしれませんし。。)

 

説明ロボットでは人気がでない等の問題があったのかもしれませんが、

1ドラえもん好きからの制作側へのお願いでした。

 

以上