読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

飲み会って参加しないといけないの?

Business

個人的には飲み会への参加なんて好きにすればいいと思う。

 

飲み会代を払って、上司のお説教やアルハラを受けるぐらいなら、家で自由な時間を過ごすぐらいの方がいいっていう飲み会不参加派の意見も納得できるし、飲み会に参加すると周りの人と仲良くなって仕事がやりやすくなるっという飲み会参加派の意見も納得できる。

 

上記以外にも、アルコールが飲めないから参加しない人達や単純にお酒が好きで参加している人達もいるだろう。

 

とどのつまり、飲み会に参加するかどうかは個人の飲み会に対する効用による。

 

そして、飲み会の時間というのは労働時間ではないので、強制的に参加させることはできないし、無理して参加する必要もない。

 

無理して参加させてくる上司がいたら、それは上司の考え方が古臭いのであって、あなたのせいではないので、きっぱり断ったほうが良い。

(参加しろと言われ続けたら、法律を振りかざすか、人事部に相談しよう。それでも無理なら、今時仕事なんて腐るほどあるので、転職しよう。それで悩むのは時間の無駄。)

 

だいたい上司は「最近の若者は飲み会にすら参加しない」と嘆く前に、どうやったら若者が参加したくなるような飲み会になるかを考えた方が良い。

それは、働いている人の効用最大化を図る上でも、非常に大切な考え方だと思う。

そんな考え方をできない人達がたくさんいる職場は、飲み会への参加率が下がると同時に、離職率が上がることになるだろう。

 

まとめ

・飲み会の参加は個人の飲み会に対する効用によるので、好きにすればいい。

・飲み会不参加の人に対する上司の対応で、その人の考え方を垣間見ることができる。

 

「飲み会」仕事術

「飲み会」仕事術