読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

ゴッドタンは時代の最先端を走っている。

バラエティ好きはよくご存知だと思うが、ゴッドタンはメチャクチャ面白い。

テレビをあまり見なくなった私が毎週欠かさず見ている唯一の番組である。

 

まず出演者が粒揃いである。

 

レギュラー

おぎやはぎ

劇団ひとり

松丸友紀テレビ東京アナウンサー

 

副レギュラー

バナナマン

 

バナナマンはレギュラーじゃないかってぐらい見かけるが、レギュラーではないらしい。ホームページにも、ほぼ顔が載っていない。。

 

ゴッドタンの特徴としては、まず他のバラエティ番組とは違い、予定不調和なことである。

企画はしっかりしており、普通に番組を進行しても十分面白いのだが、途中からは出演者の悪ノリが始まる。

その悪ノリも大学生みたいなものではなく、一流の芸人らしくぶっ飛んでる。

もちろん、悪ノリなので終わりが見えない時が多々あるが、、(お蔵入りも結構あるらしい。)

 

そして、この悪ノリは他局のバラエティでも、取り入れられている。

 

例えば、IKKOさんが言っている「背負い投げ〜」もゴッドタンで誕生したヒムコの言葉からだし、めちゃイケが27時間テレビで行ったFUJI HONKY ROCK FESTIVAL'15は明らかにマジ歌選手権の影響を受けていた。

(特に、最近のめちゃイケはゴッドタンの影響をすごく感じる作りになっている。)

 

もちろん、この番組は深夜番組なので下ネタや下世話ネタが好き放題できるというのもあると思うが、ゴッドタンには新しいバラエティのカタチを模索していこうとする強い意思を感じる。

 

ゴールデンタイムのバラエティ番組が徐々に衰退しつつある今、ゴッドタンにはこれからもぶっ飛んだ笑いを追求してもらいたい。

 

以上

 

ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE