日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

Windows10 を初期化したら、見違えるようなスピードになった。

Windows8からWindows10にアップデートしたら、信じられないほどパソコンが遅くなった。

 

ネット上を見ても、Windows10へのアップデートのせいで、パソコンが遅くなってイライラしている人が結構な数がいるみたい。

 

パソコンを毎日触る人間としては、パソコンが遅いのは何よりも耐え難いことである。

 

そういことで、パソコンを早くするために、初期化しようと思ったのだが、今まで貯めてきたローカルに保存されたデータをどうするかが問題である。

 

で、どうしたかというと全部クラウド上に保存した。

 

テキストファイルやエクセルファイルは、Google Driveへ

音楽データはGoogle Play Musicへ

 

一度全てのデータをクラウドに保存すると、以後、パソコンが壊れたとしてもデータの復旧が容易になるので、ちょうどいい機会。

 

また、音楽プレイヤーをi TunesからGoogle Play Musicに切り替えたことで、ネット環境があれば、保存している全ての音楽にアクセスできるようになった。

 

i Tunesを使っていた時には、持ち歩く端末の容量に合わせて、音楽の削除・保存を繰り返していたが、その煩わしい作業がなくなった。これは音楽を聞く人間からしたら、非常にありがたいことである。

 

ここまでは初期化とはあまり関係ないが、初期化しようと思ったことにより何かと嬉しい利点が生まれることになった。

 

ローカルのファイルを全てクラウドに保存したことを確認し、いよいよ初期化へ。

初期化方法は以下のサイトを参照。

 

Windows 10 - Windows 10 を再インストールし、個人用ファイル、アプリ、設定を削除する方法

 

初期化後、パソコンを稼働させると今まで遅さがウソのよう、パソコンがサクサク動くではないか。

 

結果として、Windows10の初期化は成功で、苦痛なくパソコンが動かせるようになりました。

 

Windows10が遅くて悩んでいる人は、ローカルファイルを全てクラウドに上げてしまって、パソコンを初期化してしまうことをお勧めします。

 

以上

 

Googleサービス Perfect GuideBook [改訂第3版]

Googleサービス Perfect GuideBook [改訂第3版]