読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

明日は選挙。若者は選挙に行くのか!?ネット選挙解禁したら、いいのに。。

多くの人がご存知であると思うが、明日は参議院選挙である。

 
そして、選挙権が18歳以上になって初めての国政選挙である。
 
 
一説によると、選挙権が18歳以上になったのは、若者の意見を政治に反映させるためだという。
 
これまでの選挙では、若者の投票率が低く、シルバー層の投票率が高いため、どうしてもシルバー層の意見が反映されがちだった。
 
しかし、今回の選挙では、若者の投票率が増加し、若者の意見が国政に届くことが期待されている。
 
各新聞社の社説もこぞって、シルバー民主主義からの脱却を主張し、若者へ選挙の参加を呼びかけている。
 
 
単純に思うのだか、ネット選挙を解禁するだけで、若者の投票率は増加すると思う。
 
 
多くの若者は、本籍を変えずに大学や会社のため地元を出ていると思う。(本籍を変えないのも問題である気がするのだが、)
 
 
そういった人達の多くは、選挙のために地元に帰るのは労力とお金の無駄だと感じるだろう。
 
ネット選挙にしたら、いつでもどこでも投票できるので、上記のような若者も票を投じるだろう。
 
 
ネット選挙に対して色々な問題もあると思うが、投票率が低い選挙ほど問題があるものはないと思う。
 
だから、早くネット選挙を解禁してほしい。
 
 
 
以上
 
 

 

 

 

ネット選挙とデジタル・デモクラシー

ネット選挙とデジタル・デモクラシー