脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

社会人って、運動できるの?

 

健康診断の際に書かされる問診票には必ずと言っていいほど、「週2でスポーツをしてますか」みたいな項目がある。

 

しかし、社会人でその項目に◯が付いている人を私はみたことがない。

 

というか、いわゆる一般的な社会人で平日にスポーツができる人はどれぐらいいるのだろうか。

社会人の多くは朝の通勤から晩の帰宅まで会社に時間を拘束されており、自由が効かない。私が思うに、そんな社会人がスポーツをする時間なんて毛頭ないと思う。

 

そして、東京だと通勤時間に1時間30分ぐらいかけることは当たり前らしい。

そうなってくると、スポーツをする時間だけではなく、個人のストレス解消の時間もほとんどない。

 

・通勤時間:3時間(往復)

・勤務時間:9時間(休憩時間を含む)

・残業時間:2時間

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計拘束時間:14時間

朝の出発の準備:1時間

夕食:1時間

睡眠時間:8時間

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

合計時間:24時間

 

上記のように、ほぼ自由の時間なく平日が終わることになる。

 

しかし、会社は自己都合で、自己研鑚しろだの、健康のために体を動かせとか言ってくる。

 

挙句の果てに、そんな時間がありませんと上司に言えば、「それは甘えだ」とか意味が分からないことを言われる。

 

上記のように日常で自由に使える時間がないので、その上司の言い分は理不尽極まりない。。

 

もし、会社が自己研鑚や体を動かせと一方的に命令するのなら、自由な時間ができるように就業時間や通勤時間を改善することにまず注力すべきである。

 

そして、健康診断で言われる「週2でスポーツをしましょう」は個々人だけではなく、会社にも言って欲しいものである。

 

 

以上

 

IT技術者の長寿と健康のために

IT技術者の長寿と健康のために

  • 作者: 長野宏宣,中川晋一,蒲池孝一,櫻田武嗣,坂口正芳,八尾武憲,衣笠愛子,穴山朝子
  • 出版社/メーカー: 近代科学社
  • 発売日: 2016/07/08
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る