読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

松本雄吉氏が亡くなって、初めての維新派。

2016年6月18日に劇団維新派を主宰していた松本雄吉氏がお亡くなりになった。

 

亡くなられる前年からは、劇団維新派の作品だけではなく、「Portal」や「レミング」といった作品の監督を務められており、精力的に活動をされていた。

 

そんな中、突然の訃報であった。

 

以下のブログを読む限り、松本雄吉氏のがんが発覚したのが2015年秋ごろみたいである。

 

つまり、2015年秋以降に上映された「Portal」や「レミング」の監督を務められている時には、松本雄吉氏はすでに闘病生活を送られていたことになる。

 

ishinha.com

 

私は、昨年2015年に「トワイライト」(2015年維新派)や「Portal」といった作品を観覧したのだが、どちらも松本雄吉氏の世界観が作中に散りばめられており、非常に素晴らしい作品であった。

 

残り少ない命の中、素晴らしい2つの作品を世に送り続けた松本雄吉氏の劇に賭ける思いに感服である。

 

 

松本雄吉氏が亡くなる前には、維新派以外の作品に関わることが多かったみたいではあるが、やはり松本雄吉氏の世界観をもっとも反映させているのは劇団維新派の作品であることは間違いないであろう。

 

内藤和久さんの音楽に合わせたコンテンポラリーダンス。

見る人を魅了する不思議な空気感。

終わりが来ないストーリー性。

 

劇団維新派の魅力を字面にするとよく分からないが、ただ一つ言えることは人を虜にするということである。

 

そんな劇団維新派が松本雄吉氏が亡くなって初めての公演を迎えることになる。

 

2016年の公演自体は、松本雄吉氏が亡くなる前から決まっていたみたいなので、脚本等は松本雄吉氏さんが手掛けられていると思う。

 

そうなると、2016年「アマハラ」は、松本雄吉氏の遺作になる可能性の高い。

 

「アマハラ」からは、監督を務められていた松本雄吉氏が居ない中での作品になる。どういった形で劇を作り上げられるのかは分からないが、維新派の劇に変化が生じる可能性は十分にあると思う。

 

今後、劇団維新派がどのように変遷していくのか?

 

そういった意味でも、松本雄吉氏が亡くなった後、初めての維新派がどのように変化しているのかを非常に楽しみである。

 

維新派 2016年公演『アマハラ』:奈良 平城宮跡

culturecity-nara.com

 

 

以上

 

維新派 トワイライト [DVD]

維新派 トワイライト [DVD]