読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評:デザイナーになる。伝えるレイアウト・色・文字のいちばん大切な基本(永井 弘人)

Book review Design

デザインに興味がある方には、ぜひ読んでもらいたい一冊である。

 

デザイナーになる。 伝えるレイアウト・色・文字のいちばん大切な基本

デザイナーになる。 伝えるレイアウト・色・文字のいちばん大切な基本

 

 

デザイナーになるつもりも、なれる気もしないが、デザインを学ぶための基礎的な知識を「デザイナーになる。伝えるレイアウト・色・文字のいちばん大切な基本」は与えてくれる。

 

「デザイナーになる。伝えるレイアウト・色・文字のいちばん大切な基本」は、以下の3つの章に分かれている。

 

第1章:デザイナーの心構え

第2章:デザイン手法の基礎知識

第3章:デザイン事例から学ぶ

 

第1章:デザイナーの心構え

この章では、デザインを始める前に必要な考え方やデザイン中にどういったことを考えながら作成するかを教示してくれる。

 

章の1ページ目には「デザインは目的を形にすることです。」との記載があるが、デザインする上では、まず目的をしっかり考えるべきだという筆者の考えがよく分かる一文である。

 

誰のために、いつ、どんな場所でといったことをデザインに落としこむ前に、しっかり考える必要があり、その考え方を教えてくれるのが第1章である。

 

第2章:デザイン手法の基礎知識

この章では、前章のデザインへの考え方を踏まえた上で、その目的をどのうようにしてデザインに落とし込むかを教えてくれる。

 

正直言って、デザイン学校等に通いデザイナーを目指している人には物足りないかもしれないが、デザインを学び始めたての人には目からウロコの話が多く記載されている。

 

余白の取り方や色、書体などについてのデザインをする上で求められる基礎知識が紹介されており、それぞれのデザインを変更することでどのような印象の変化があるかを絵や図を用いて説明されている。

 

パワーポイント等を作る人にもぜひ参考してもらいたい内容が第2章では記載されている。

 

第3章:デザイン事例を学ぶ

 

第1章、第2章ではデザインを始めるにあたり、必要な考え方や知識が紹介されていたが、この章ではデザインをする際にどのような編集をするべきかを見せてくれる。

 

具体例とその例に対するデザインコンセプトを紹介し、そのコンセプト(目的)に合うようにどのようにデザインすれば良いかを、第2章で紹介されたデザインの基礎知識を用いて説明されている。

 

いきなりデザインすることは難しいが、どのようなことを注意しながらデザインすると良いものが出来上がるかを、この章は教えてくれる。

 

 

「デザイナーになる。伝えるレイアウト・色・文字のいちばん大切な基本」はデザインをする上で必要なことを体系立てて、教えてくれる一冊であった。

 

今まで、デザインをする上では行き当たりばったりのことが多かったが、この本を読んだことにより、考えながらデザインをすることができそうである。

 

デザイナーとはまったく関係ないが、デザインをしっかりしろと言われる社会人や学生で、「デザインの仕方が分からない」って方にも、オススメの1冊である。

 

以上