読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評:世界史としての日本史(半藤一利,出口治明)

Book review

 

正直言って、ここ最近まで歴史を学ぶことについての意欲はそれほどありませんでした。

 

理由は簡単です。

多くの歴史は勝者によって書かれ、それが本当に正解かが分からないからです。

また、それが分かっていながら、歴史の授業では教科書が正解であると教えられることにどことなく反感を覚えていました。

 

でも、最近少しぐらい勉強してみようかなと思い、本屋で売れ行きが良さそうな「世界史としての日本史」をそんなこんなで買ってみました。

 

「世界史としての日本史」は、作家である半藤一利さんとライフネット生命保険 代表取締役会長兼CEOである出口治明さんとの対談を本にした一冊です。

 

世界史としての日本史 (小学館新書)

世界史としての日本史 (小学館新書)

 

 

 

この「世界史としての日本史」は、半藤さんと出口さんが世界から見た時の日本の歴史を様々な視点で語れていることをまとめたものになっています。

 

この様々な視点で語るということは、お二人ともが日本史や世界史どちらに対してもとても造詣が深いからこそできることだと思います。

 

また、現在で日本でよく売れる歴史書を語った本には、視点の偏りが多く見られますが、この本にはそういった偏りがないことが特徴です。

 

この偏りの無さも幅広い知識と幾つかの主張を知っておられるからこそできることだと思います。

 

本では、日本という存在を世界がどういった視点で見ていたのかを改めてお二人が考えられており、一方でそういった世界を日本がどうのように捉えきたのかが語られています。

(時には妄想・想像もありますが、歴史的な系譜から考察されているので、多少の説得力はあります。)

 

この本を読み、日本の歴史の教科書だけの視点で、世界を語る上でも、日本を語る上でも明からに足りないことを思い知らされました。

 

個人的には、「元寇の時に神風が吹いたという以前に、攻めてきたモンゴル帝国は日本にさほど興味が無かったということ」について印象が残っています。

 

余っている軍人を自分たちの土地に残しておくと、反乱分子や犯罪者になる可能性があるので、とりあえず余っている軍人に仕事を持たせて、日本を攻めたというのが元寇の実情みたいです。

 

深い教養がある半藤さんと出口さんだからこそ、このような世界から見た時の日本の考えの間違いと言わないまでも、神風という誇張を指摘することができるのだと思います。

 

これは歴史だけでなく、多くの分野に言えることだと思いますが、教養あってこそ、深い考察と相手の視点を考えることができるようになるのではないでしょうか。

 

この本を読み、改めてそのことに気付かされました。

歴史を毛嫌いしていてはダメだと。

 

「世界史としての日本史」は、歴史について様々な視点を提供してくれます。そのため、歴史嫌いの人にも、そういった考えもあったのだと気付かさせてくれます。

 

また、この本にはお二人の歴史薀蓄が溢れているので、歴史嫌いの人だけではなく、歴史好きな人も非常に楽しめる一冊になっています。

 

以上