読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016に行ってきた。

 

毎年秋になると六甲山で開催される六甲ミーツ・アート 芸術散歩に行ってきました。

 

www.rokkosan.com

 

まず正直な感想として、去年と比べて規模が小さくなっているような気がしました。

というか、毎年少しずつ規模が小さくなっているような気がします。

心なしか六甲ミーツ・アートを見に来ている人も少なかったような。。。

毎年欠かさず見に行っている私にとっては少し寂しい物を感じざるおえないです。

 

それでも、六甲ミーツ・アートに参加しているアーティストは粒ぞろいで、作品も六甲山という環境を利用したものが多く展示されていました。

 

今回のアートの展示場所は以下のとおりです。

 

・六甲ガーデンテラス

・自然体感展望台

・六甲枝垂れ

・六甲山カンツリーハウス

・六甲高山植物園

・六甲オルゴールミュージアム

・六甲ケーブル

・天覧台

・六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)

・グランドホテル 六甲スカイヴィラ

・[プラス会場]TENRAN CAFE

 

 

去年に引き続き、グランドホテル六甲スカイヴィラが会場になっています。

(私は去年も今年もグランドホテル六甲スカイヴィラには行ってませんが。。。

というか、行きづらい場所にあるので、そこに行かない人も多いんじゃないでしょうか。)

 

その他の場所はいつも通りで、六甲山の環境がふんだんに味わえます。

やっぱり六甲ミーツ・アートといったら、六甲山の壮大な環境を利用した彫刻だと思います。

そして、今回も素晴らしい彫刻は健在です。

 

それもそのはずで、公式サイトを見ると、六甲ミーツ・アートのキュレーターは以下の2人になっています。

 

・坂本浩章 / 公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団(本展 総合ディレクター)

・高見澤清隆 / 六甲オルゴールミュージアム 館長

 

総合ディレクターである坂本浩章さんは、彫刻の森文化財団所属の方ということもあり、彫刻関係への人脈が豊富であると考えられます。

今回もおそらく、そういった人脈を活かされたキューレーションだったのではないでしょうか。

 

特に今回の六甲ミーツ・アートで印象的だったのは、三沢厚彦さんでした。

 

三沢厚彦さんは木彫りの動物を作られることで有名です。たけしアート☆ビートなんかでも取り上げられていたほど、実力は折り紙付きです。逆に、六甲ミーツ・アートに参加しているのを知って、驚いたほどです。

 

今回の六甲ミーツ・アートでは、下の画像のような動物の彫刻が至る所に存在しています。そんな独特な動物の彫刻を見つけるのも六甲ミーツ・アートの楽しみ方の一つかもしれません。

 

三沢厚彦 動物の絵 「Painting of ANIMALS」

 

 

最初の方に六甲ミーツ・アートは年々小さくなっているような気がすると言いましたが、結局はアート好きに楽しいイベントであることは間違いないです。

 

この秋に六甲山に行く機会があるなら、ぜひ六甲ミーツ・アートにも参加されることをおすすめします!!

 

 

以上