日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評:経費で落ちるレシート・落ちないレシート(梅田 泰宏)

アフィリエイトでお金を稼いでいると、パソコン代や光熱費が経費として落とせるんじゃないのという邪な気持ちで「経費で落ちるレシート・落ちないレシート」を手に取りました。

 

「経費で落ちるレシート・落ちないレシート」の中身は、この本の著者である梅田 泰宏さんとフリーランスのライターである鈴木ヒロシという仮想の人物との会話形式になっています。

 

この鈴木ヒロシという人物は、税金の抜け道を探そうとしている嫌な人物としてこの本では描かれています。しかし、税金を払いたくないという多くの人にとって、少しばかり我が身を見ているようで、どことなく恥ずかしさを感じるかもしれません。

(かく言う、私もその1人です。おそらく、この鈴木ヒロシという人物は梅田 泰宏さんがよく見かける、無茶を言ってくるクライアントを投影されているのだと思います。)

 

そのため、読了後まず思ったことは「税金はしっかり払おう」ということです。

 

当たり前なのですが、富山の市議会議員のように領収書を偽装して、確定申告を行うと詐欺罪になりますし、所得を過小に申告すると脱税になります。

 

税金をしっかり払わないリスクの方が大きいのです。

 

それでも、自分が得た利益にかかった費用を経費として落とすことは正当の権利だと思います。(一般的な会社員が行うような副業での確定申告はあまり効果がないみたいですが。。)

 

会社を通さないでしっかりと稼いでいる方なら、出費を必要経費として申請することは当たり前だと思います。そういった方々に「経費で落ちるレシート・落ちないレシート」は正しい知識を与えてくれます。

 

例えば、以下のようなことです。

・領収書でなくてもレシートでもOK。

・経費を証明するものの正しい残し方。

・税務署の実情。

等々。。

 

初めて確定申告しないといけないという方々は一読する価値があると思います。

 

また、この本はフリーランスで働いている人や自営業を営んでいる人だけではなく、税金の知識がない企業の経理担当の人への導入書としても良いかもしれません。

領収書の書き方や会社での経費の落とし方など、自分で確定申告をしない人にとっても身近な内容になっています。

 

しかし、本気で確定申告をされたい方はもう少し進んだ専門書か税理士に相談されることをオススメします。 

 

無知で脱税をしないように。

 

以上

 

経費で落ちるレシート・落ちないレシート

経費で落ちるレシート・落ちないレシート