読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評:フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。(きたみりゅうじ)

Book review

「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」の通り、フリーランスで活動しておられる、きたみりゅうじさんが税理士に話を聞きに行く内容になっています。

ちなみにきたみりゅうじさんはフリーランスでライター&イラストレーターをされているみたいです。 

 

このフリーランスであるきたみりゅうじさんと税理士さんとのやり取りがなかなか秀逸です。この本の間に入るイラストのせいかもしれませんが、お二人の腹黒さがすごいです。本の中では税理士さんの名前は出てこないのですが、名前がバレて、この腹黒さがクライアントにバレるの嫌がったのかと勘ぐってしまいます。

 

正直言って、多くの人が税金なんてできる限り払いたくないと思っていると思います。経費で落とせるものなら、落としたいと。

このお二人の腹黒さのおかげで、本の中で人間の税金を出来る限り払わなくて済む方法について容赦なく踏み込んでくれます。もちろん、その内容は法律を犯さない程度のものになっています。

 

税理士さんが腹黒いといっても、さすがに法律遵守の精神を忘れられてはいないです。

こういった確定申告の本にありがちな終わり方もしておれます。

 

「税金はしっかり払いましょう」つまり、法律を守りましょうと。

 

しかし、この発言は、逆を言えば、法律を守っていれば経費で落とすことは正当な権利であるということを示していると思います。

 

そして、その権利を使った、確定申告の方法をこの本は教えてくれます。同時に確定申告なんかの裏話も教えてくれます。

(例えば、税務署は領収書を全て見れるほど、ヒマじゃないみたいな話です。)

 

 

「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。」は、フリーランスで活躍されていて、確定申告をしないといけないような方々にとって、非常にためになる話が満載です。あと、確定申告ギリギリに読んでもあまり意味がないと思われるので、フリーランスになったばかりの方が読むべきだと思います。

 

ちなみに、私は副業で稼いだお金を経費で処理したいなと思い、この本を取ったのですが、そういった副業として株やアフィリエイトでお金を稼いでいる人とかにはアンマッチな本かもしれないです。もちろん、税金の仕組みには詳しくなりますが。。

 

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

 

 

 

 以上