脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

スポーツ中継の解説なんて、誰でもできるんじゃないのか。

スポーツ中継を見てて思うのですが、解説者って誰でもできるんじゃない?

 

スポーツ中継でよく聞くセリフとそのセリフに対する感想を挙げてみます。

 

・この選手は最近調子いいですからね。期待しましょう。

→いやいや見てたら、分かります。

・最近試合に出てないので、試合勘が心配ですね。

→だいたいそうです。試合勘なんて感じさせない人もいますが。

・頑張ってますね。

→そんなに画面に出てきたら、頑張ってるでしょう。というか、頑張っていない人は試合に出れないと思いますけど、

・素晴らしいですね。

→でしょうね。見てたら、分かります。

・この試合は勝つことは大事です。

→負けて良い試合なんて、ほぼないですよ。無気力試合を見たいのですか。

 

そんなことは素人にも分かります。解説者はもうちょっと玄人目線の解説をして欲しいものです。もしくは、素人が分かるような解説をして欲しいです。

例えば、野球だとインフィールドフライ、サッカーだとオフサイドなんかです。今挙げたようなスポーツは人気が出たから、解説はいらなくないぐらい世間の人は人気スポーツの知識を得たのでしょうか。

確かに、ラグビーのような、まだまだ人気がないスポーツ中継では、かなりルールを解説してくれます。ラグビーなんかだと、画面の左下にルールの解説を載せてくれたりします。そう考えると、野球やサッカーなんかのルール解説が無い理由が分からないでもないです。

 

もし、そうだとしたら解説者にもう1つ踏み込んだ解説をするべきなんじゃないでしょうか。

例えば、戦術のような話。

サッカー日本代表選の解説でしっかりした戦術のような話は聞いたことないです。でも、やる気とか元気とかの話をよく聞きます。こうなってくると、どこかの政治家を彷彿とさせてくれます。

雄叫びなんかも良く聞きます。「よっしゃー」なんかの雄叫び。解説者が応援していないチームの応援者は、その解説者に殺意に近いものを感じているのではないでしょうかね。解説者は冷静にそのプレーに対する解説をして欲しいものです。

 

でも、その解説者達が変わらないというのは世間から一定の評価を得ているからかもしれません。

その解説者が自分と同じ意見であるということで、視聴者は楽にスポーツ観戦できているのかもしれません。確かに解説者が小難しいことを言うと、見ていて楽しいものでは無いかもしれないですしね。

でも、趣味とかって突き詰めないと楽しくないと思うのですが。。。

 

自分の考えていることと同じことを言ってくれる解説者で良いのなら、飲み屋のおやじにでもその仕事はできます。

解説者にはしっかりとした意見を持っていて、そのスポーツの最近の知見を持った人にしてもらいたいです。元スポーツ選手の老後の小遣い稼ぎなんかにはしてもらいたくは無いです。

 

以上