日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

年末年始に観るべき海外ドラマにUnder The Domeを挙げてみる。

年末年始に観るべき海外ドラマ」キャンペーンby Netflixが行われているので、「Under The Dome」をオススメしてみます。

ちなみに「Under The Dome」は現在、Netflixでは見れないみたいです。キャンペーンをしているNetflixを無視して、一番紹介したい「Under The Dome」を紹介します。 

 

「Under The Dome」は、スティーブン・キングの原作が元になっているTVドラマになっています。(原作の名前も「Under The Dome」です。)

スティーブン・キングはホラー作家として有名ですが、ホラー作品ばかりを書いているだけではなく、「ショーシャンクの空に」や「グリーン・マイル」のようなちょっと感動できる作品の原作なんかも書いておられます。

 

とは言うものの、「Under The Dome」はホラーよりの作品です。

ゾンビとかが出てくるわけではないですが、暴力的なシーンはあります。

そういったシーンが無理な人は観るのはやめたほうが良いです。

 

「Under The Dome」の内容を簡単に説明すると、

 ある街が突然ドームで覆われるところから、話が始まります。

その街では、突然外部との接触ができなくなってしまい、陸の孤島のような状態になってしまいます。

突然、その街は陸の孤島になり、物資や情報が手に入らなくなります。

そのせいで、幾人かの人々は狂気に見まわれていきます。

 

その狂気に人々がどう対処するか?

人々は街の外へ出ていけるのか?

なぜドームができたのか?

 

そのドームが出来たことにより、人々が変化していくのですが、その変遷をドラマで描いてくれています。

 

 

「Under The Dome」は、全3シーズンで完結しています。

全3シーズンなので、年末年始に観るなら、ちょうど良い量になっています。

また、完結しているので、終わった後に続きを気にしなくていいです。

アメリカで放映されていて、日本では放映されていないとかだと、気になってしょうがないですよね。

完結しているので、その心配はしなくても良いです。

 

年末年始に暇があるという方は、「Under The Dome」を見てみてはどうでしょうか。

 

 

(Under The Dome)

特別お題「年末年始に観るべき海外ドラマ」キャンペーン by Netflix

【PR】海外ドラマ、見たくなったら ⇒ Netflixは1ヶ月無料体験