日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

感想:松本人志のドキュメンタル1話〜 勇敢な10人の参加者〜

ネタバレはありません。

というか、ドキュメンタルという番組で起こった笑いをうまく言葉にできる気がしません。

とりあえず、Amazonの紹介文を載せときます。 

 

芸人達の元に松本人志から“ドキュメンタル”の招待状が突然届く。招待状を手にした者は驚き、戸惑い、喜び、苦悩する。このバトルに参加するのかしないのか、参加費100万円をどう工面するのか。それぞれが葛藤する。そして勇敢な10人の参加者が一堂に会し、いよいよドキュメンタルの火蓋が切って落とされる。

 

これだけではドキュメンタルについて分からないので、簡単に説明しときます。

ドキュメンタルはAmazonプライム会員限定で配信され始めた、松本人志プレゼンツのお笑い番組です。

ドキュメンタルの内容はいたってシンプルです。

参加している芸人の中で誰が一番おもしろいかを決めるだけです。

いうなれば、お笑いバトルロワイヤルです。

一番おもしろい芸人を決めるといっても、M1とかキングオブコントとはまったくの別物になります。

ドキュメンタルでは、最後まで笑わなかった芸人が優勝し、全員の参加費1000万円を手にれることができます。また、笑った芸人は、その場でゲームオーバーになります。

一番おもしろい芸人を決めるといっても、M1やキングオブコントでは作りこまれた笑いを競うのに対して、ドキュメンタルでは即興性の笑いをとりにいくことになります。

さらに、バトルロワイヤルの会場は観客が誰もおらず、参加者10人だけの空間になります。

つまり、誘い笑いが生じない空間です。

笑えば、参加費100万円を失うという張り詰めた空気の中、笑いを取ることはとてもハードです。

 

「笑ったらいけない」という仕組みと聞いて、年末に放送される「ガキの使いやあらへんでの笑ってはいけない」を思い浮かべられる方も多いかもしれませんが、似て非なるものです。

ガキの使いは良くも悪くもエンターテイメント性が高いものになっています。

ガキの使いは笑うことが前提になっています。

一方で、ドキュメンタルは笑うことを良しとしない番組です。

なかなか笑いが生じない時間が普通にあります。

そういうところで、本当にお笑いが好きな人しか見ないような作りになっています。

松本人志さんはいわく、ターゲット層はネットが使えるお笑い好きの男性みたいです。

 

ながながとドキュメンタルについて書きましたが、第1話はまだまだ導入部分に過ぎません。

ドキュメンタルの経緯や参加者の紹介が大部分を占めています。

ドキュメンタルの模様については、約10分ぐらいです。

 

それでも、めちゃくちゃおもしろいです。

最近のテレビには無いブラックジョークも満載です。

下を見てもらったら、分かるように出演者の癖は強いです。

この癖がこの緊張感の中でどうなっていくのか、今後に期待していきたいです。

出演者:ジミー大西、FUJIWARA 藤本敏史、宮川大輔、野性爆弾 くっきー、ダイノジ 大地洋輔、東京ダイナマイト ハチミツ二郎、とろサーモン 久保田和靖、天竺鼠 川原克己、トレンディエンジェル 斎藤司、マテンロウ アントニー

 

以上 

 

 

 

 

blog.pitre.jp