日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評:小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識(那須 慎二)

最近、政府が重要視し始めた情報セキュリティの入門書のような一冊です。

 

題名に「常識」という言葉がある通り、セキュリティについての一般的な知識の解説をしてくれている本になっています。

「IT担当者のため」の書かれていますが、IT担当者じゃなくてもインターネットを使うひとなら知っておくべきことが書かれています。

 

会社のIT担当者がこの本をまず読んで、会社のひとに情報セキュリティを周知するときに必要なことの最低限のレベルのことが書いてあります。

 

プログラマーのようなシステムを作る人がプログラミングで気をつけるべきことはあまり書かれていません。

 

いくつかのサイバー攻撃が挙げられていますが、日常生活の注意点が載っています。

ソフトは必ずアップデートをするとか、セキュリティソフトをインストールしろとかです。

いわゆる一般常識になりつつあるインターネットを使うときの注意点ですね。

これらの注意点は当たり前のことかもしれませんが、この本では実際にあったセキュリティ問題をふまえているので、説得力とサイバー攻撃に対する恐怖心をあおってくれます。

 

 

「小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識」を読むと、情報セキュリティについての知識は一通り学ぶことはできます。

特に良かったところは、セキュリティの知識とサイバー攻撃からの守り方が体系的に学べるところです。

 

情報セキュリティマネジメント試験や情報処理安全確保支援士試験を受けようと思われている方なら、「小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識」を読んでから勉強を始めるのも良いと思います。

いきなり参考書を読むと、知識が体系づかないということがありますので。

 

あと、セキュリティ事故を起こした人を再教育するときにも良いかもしれません。

 

まぁ、セキュリティ事故を起こさないことにこしたことは無いですが…

 

 

小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識

小さな会社のIT担当者のためのセキュリティの常識

 

 以上