読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

オススメの漫画:子供はわかってあげない

Manga

オススメの漫画、「子供はわかってあげない」を紹介します。

2015年のマンガ大賞2位になっていますので、オススメしても今さら感は強いですが、紹介してみます。

「子供はわかってあげない」は、田島列島作のゆるい感じの漫画になります。

内容は二人の高校生の青春を描いた思わずクスッと笑ってしまうギャグ漫画になります。

この漫画の特徴は登場人物たちがひと癖もふた癖もあるということです。

 

簡単に登場人物を挙げておきます。

 

・朔田 美波(さくた みなみ)

 この漫画の主人公です。いうなれば、ヒロインです。

 高校2年生で水泳部に所属しており、アニメが好きです。

 アニメ好きのおかけで門司くんと知り合うことになり、物語が始まります。

 両親は離婚しており、父とは生き別れになっています。

 その父を探す旅にでかけます。

 

・門司 昭平(もじ しょうへい)

  高校2年生で、書道部です。

 高校の屋上で絵を書いていたところを朔田さんに見つかり、知り合いになります。

 一風変わった兄貴がいます。

 

・門司 明大(もじ あきひろ)

  昔は門司昭平のお兄ちゃんで、今はお姉ちゃんです。

 古書店の2階で、探偵を営んでいます。

 仕事の内容はほぼ何でも屋ですが、初めて探偵らしい仕事をすることになります。

 それは、朔田さんの父親を探すというものです。

 

・藁谷 友充(わらがい ともみつ)

  朔田さんの生き別れた父親です。

 他人の心を読み取るという謎の能力を持っています。

 その能力のせいで、新興宗教「光の匣」の教祖にかつがれます。

 その教団の資金を持ちだし、消えてしまい、教団から探されることになります。

  

以上がこの漫画の重要な登場人物になります。

見ていただいた通り、個性的な人物が登場します。

現実世界では絶対にないような設定ですが、登場人物にじゅうぶん感情移入できます。

朔太さんと門司くんの甘酸っぱい夏を楽しく読めること、まちがいないです。

上下巻で終わるので、暇つぶしになるのでどうでしょうか。

 

 

子供はわかってあげない(上) (モーニング KC)

子供はわかってあげない(上) (モーニング KC)

 

  

子供はわかってあげない(下) (モーニング KC)

子供はわかってあげない(下) (モーニング KC)

 

 

以上