読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評:SEO対策のための Webライティング実践講座(鈴木 良治)

 

「SEO対策のための Webライティング実践講座」は、多くの人に見られるWebサイトを作成する上で必要な知識を与えてくれます。

 

SEOとは"Search Engine Optimization”の略で、検索エンジン最適化のことです。

検索エンジン最適化とは、WebサイトをGoogleのような検索サイトの結果の上位に表示させるように対策を取ることです。

 

このSEOの技術には、URLの選び方やインデックスの登録(自らのサイトをグーグルに登録)するなどがあります。

最近では、Googleがhttp通信よりもhttps通信のWebサイトを検索結果で優先させることを発表しました。

これにより、今までの検索結果とどう異なるかは未知数ですが。

 

そういったSEO技術がある中で、一番大切なのはWebサイトを充実させることです。

Googleの検索結果でもWebサイトが充実しているものが上位に表示されます。

記事がほとんどないWebサイトが、上位に表示されているのを見られたことはないと思います。

私はありません。

 

では、どうやってWebサイトを充実させるかというと、Webライティングをするしかないです。

Webライティングとは、Webサイトに記事やコンテントなどの文書を書くことです。

文書を書き、Webサイトを充実させると、検索結果の上位に自然と表示されます。

 

とはいっても、むちゃくちゃなWebライティングをしても、検索結果の上位には表示されません。

むしろ、Googleからペナルティを課されて、検索結果には一生表示されないなんてこともあります。

 

「SEO対策のための Webライティング実践講座」は、Googleからペナルティを受けない、検索結果の上に表示されるWebサイトの作り方を教えてくれます。

筆者である鈴木さんも認めておられる通り、検索エンジンの仕組みは変更される可能性があるため、今のSEO対策がすべてとは限りません。

しかし、検索エンジンの仕組みが変更されたとしても、良いWebサイトが検索サイトの上に表示されることは変わらないです。

だからこそ、検索エンジンが変わったとしても、検索結果の上位に表示されるWebサイトの作り方が大切です。

 

「SEO対策のための Webライティング実践講座」では、そういったWebサイトを作る上で大切なことを指南してくれます。

Webサイトの題名の付け方(キャッチコピー)や記事の書き方(文字数や文章力)などです。

これを知れば、検索エンジンなんて怖くなくなります。

 

「SEO対策のための Webライティング実践講座」はWebサイトを制作される人にぜひ

読んでもらいたい1冊です。

 

SEO対策のための Webライティング実践講座

SEO対策のための Webライティング実践講座

 

 

以上