脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

京都府南丹市・船井郡で行くべきオシャレな観光地4ヶ所。

私の地元は、京都府南丹市というまぁ何もないところです。

地元に来た人がどこか行った方が良い場所はないかと、ときどき聞いてくるのだが、正直言ってそんな場所はないです。

電車の便は悪いですし、車で来る人も素通りする人が多いです。

 

もちろん、山奥にいくと自然豊かなので、十分に楽しめます。

しかし、観光に来て自然だけを楽しんで帰る人なんてほとんどいないです。

かといって、紹介する場所がまったく無いというのは癪なので、豊かな自然の中で楽しめるお洒落な観光地を4つばかり挙げてみます。

 

美山かやぶきの里

www.miyamanavi.net

 

南丹市・船井郡の観光地といったら、まずここだろう。

昔ながらのかやぶきの里が今もなお残っています。

自然の中にたたずむ茅葺きの民家は、歴史的建造物としても十分に評価できます。

また、それらの茅葺きの民家には人が住まれているので、その地域での生活スタイルも見ることができます。

田舎暮らしの良さを再考すること間違いないです。

 

ちいさな藍美術館

shindo-shindigo.com

 

藍染作家である新道弘行さんによって、建てられた美術館です。

新道弘行さんは海外の美術館に自らの作品を出展されるほど、藍染め界では有名です。

「ちいさな藍美術館」は名前の通り美術館らしからぬ小ささですが、中に入ると表情豊かな作品をおがむことができます。

かやぶきの里とも近いので、ぜひ2つ合わせて観光されることをオススメします。

 

独華陶邑

www.dokkatouyu.com

 

ひどく読みにくい名前です。

石井直人さん・石井すみ子さんご夫妻が営んでいるギャラリーになります。

こんな山奥にギャラリーなんかあるの?と思われる方がいるかもしれませんが、実際にあります。

ここでは、センスの良い日用品が数多くみることができます。

ご夫妻の作品はここだけではなく、柳原照弘さんが経営されているショップでも見ることができるみたいです。

近くによることがあれば、ぜひ一度、独華陶邑に行ってみてはいかがでしょうか?

 

ギャラリーカフェ「道の途中」

www.michinotocyu.com

 

ギャラリーとカフェの両方を兼ね揃えたお店です。

道の途中に佇む古民家は、風景とマッチして心癒されること間違いないです。

様々イベントも催されるているみたいなので、ぜひ一期一会を求めて、ギャラリーカフェ「道の途中」に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

注意点

京都府南丹市・船井郡は雪が積もり始めると行けない場所が出てくるので、注意しないといけないです。