読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評: ブログ飯 個性を収入に変える生き方(染谷昌利)

Book review Affiliate

ブログ飯とは、お笑い芸人のコンビである「笑い飯」にあやかって付けられた名前だそうです。

笑いでご飯を食べるというのが「笑い飯」の由来になるみたいなのですが、ブログでご飯を食べられるようになるというのが、ブログ飯の由来になります。

 

このブログ飯には、筆者である染谷さんがブログでご飯が食べられるようになるまでの道のりが詳細に書かれています。

会社を辞めて、ブロガーとして生計を立てられるようになるまでの道のりです。

 

この本を読む限り、その道のりは苦悩に満ちたものだったようです。

この本を読むまでもなく、家族がありながら会社を辞めて、ブログ1本でお金を稼ぎ始めたという人がいたら、大丈夫かなと思ってしまいます。

それが、自分の家族ならなおさらです。

そういう意味では、MVPは染谷さんの奥さんです。

 

挑戦者を受け入れる心がある人というのは、それだけ周りにいい影響を与えます。

奥さんには、そういった挑戦者を受け入れる心が備わっておられました。

染谷さんは、良い理解者がいたからこそ、成功されたといっても過言ではないでしょう。

この本の最後には、染谷さんの奥さんの言葉も載っています。

奥さんの言葉を借りれば、ブログ飯に書いてあることのほとんどが、奥さんが染谷さんに発した言葉みたいです。

ブログを書くことの目的、ブログを格上での心構え。

ブログをしている人には、金科玉条のものがブログ飯には多く載っています。

 

世の中には、アフィリエイターやブロガーが溢れかえっています。

そして、外の世界から見ていると、彼らの生活は悠々自適な暮らしに見えます。

特に現代社会に嫌気が差している人にはそう見えると思います。

会社に行かなくてよくて、お金が稼げて、好きな時間に起きれて、好きな時間に寝れる。

こう書かれたら、憧れない人はいないでしょう。

十分にお金があったら、間違いなく多くの人はこのような生活を目指すことになるでしょう。

 

しかし、この社会で生きていくにはお金を稼がないといけないです。

その1つの手段として、アフィリエイトやブログというものが存在しています。

作っているコンテンツが面白かったら、売れてお金が稼げます。

面白くなかったら、淘汰されていきます。

いたって、シンプルです。

 

このブログ飯を読むと、そういったアフィリエイトやブロブで稼ぐことの酸いも甘いも噛み分けた人の経験を見ることができます。

もし、その世界で生きていくと決められた方がいらっしゃるなら、ぜひ読んでもらいたい1冊です。

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

 

以上