脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評:沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション(松尾茂起、上野高史)

Webマーケティングに興味がある方やこれから始めるという方には、ぜひオススメの1冊になります。

 

そういったWebマーケティングについて学ぼうと思っている方の中には、もしかするとこの本の表紙を見て手に取ることを辞められた方もいるかもしれません。

この本の表紙を見ると、筋肉質のおっさん(ボーン)が載っており、うさんくさい感じがすごいですし。

 

また、この本の題名には、「沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション」という長い題名が付いており、さらには「ボーンの逆襲」というなんのことか分からないサブタイトルまで付いています。

 

しかし、内容はおもしろいです。

物語調で話が進んでいくので、漫画を見るような感じで本を読むことができます。

Webマーケティングについての本は何冊か世に出ていますが、「沈黙のWebマーケティング 」ほどエンターテイメント性が非常に大切にされた本は無いです。

もちろん、エンターテイメント性だけではなく、Webマーケティングの考えかたや手法もしっかり載っています。

 

この本に載っている内容を簡単にまとめてみます。

・SEO

・Webデザイン

・Webライティング

・SWOT分析

・コンテンツマーケティング

・ソーシャルメディア

・レンタルサーバー 等々

 

上で取り上げたように、「沈黙のWebマーケティング 」にはWebマーケティングにおける知識や情報が満載です。

また、これらのWeb技術を使うときに必要なツールの記載もあるので、すぐにでもWebマーケティングを実践できる内容になっています。

(Web技術は時代とともに変化するので、ツールの使い方については少し変化しているものありました。)

 

「沈黙のWebマーケティング 」は、エンターテイメント性と実用性の両方をかねそろえた本になっています。

そのため、非常にとっつきやすい内容になっています。

とっつきやすいということは、それだけ分かりやすくなっているということです。

Webマーケティングの入門書を探されているという方は、ぜひ「沈黙のWebマーケティング 」を手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

 

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

 

 

 

blog.pitre.jp

 

 

以上