読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

電子書籍(Kindle)に変えて、良かった4つのこと。

ずっと紙の本を買っていましたが、これ以上家に本が増えたら、本で埋もれてしまうと思い、買う本を電子書籍(Kindle)に変えました。

 

電子書籍(Kindle)に変えた結果は、大成功でした。

 

すっかり、電子書籍(Kindle)派になってしまいました。

活字中毒の人ほど、電子書籍(Kindle)に変えることをおすすめします。

電子書籍(Kindle)に変えて良かったことを4つ挙げてみますので、もし悩んでいる方がいたら、ぜひ参考にしてほしいです。

 

1,本まみれにならない。

当たり前だと思います。

紙の本が増えなくなったので、部屋が本まみれにならなくなりました。

ものが増えない生活が素晴らしくて、最近は、紙の本を全部売って、電子書籍(Kindle)にしようかとも考えています。

たまに、紙の本しか売っていない本があるのが、少し問題です。

 

2,本を持ち歩かなくて良くなった。

文庫本とかだと軽いですが、ハードカバーの本だと重くて、お出かけの足かせになります。

電子書籍(Kindle)だと携帯があれば読めるので、手ぶらでお出かけしても問題ないです。

さらに、本をダウンロードしとけば、何冊も持ち歩けます。

読みたい本をその時で変えれます。

旅行に行く際に、何冊も持っていくみたいな無駄なことが無くなります。

携帯があれば、十分です。

 

3,携帯を触ってる感じで、本が読めるようになった。

満員電車とかだと本はなかなか読みづらいです。

携帯だと小さなスペースがあれば、本を読めるので、いつでもどこでも本が読めるようになりました。

あとは、本を読んでいると「まじめかっ!!」みたいなひやかしを受けますが、携帯で本を読んでいるとそんなひやかしを受けなくなります。

つまり、邪魔が入らなくなります。

どこにでもいる携帯を触ってる人間になりきれます。

そういったひやかしを受けたい人は、紙の本のままがいいかもしれませんが。

 

 

4,引用を手打ちしなくて、良くなった。

紙の本のときは、ブログで引用するためには手打ちで写すしかなかったです。

電子書籍(Kindle)に変えてからは、コピー&ペーストで一瞬で引用できるようになりました。

個人的にはブログで、本の引用を載せることが多いですが、ブログを書くスピードが早くなりました。

そして、コピー&ペーストなので間違いがないです。

ただし、本に間違いがある場合はその限りではないです。

 

まとめ

電子書籍(Kindle)に変えてみて良かったことを4つばかり挙げて見ました。

すっかり、電子書籍(Kindle)のとりこです。

紙の本を読んでいる人がいるなら、少しずつ電子書籍(Kindle)に変えてみてはいかがでしょうか?

 

以上

 

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック