日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

感想:ジョン・ナッシュを描いた「ビューティフル・マインド」

 

「ビューティフル・マインド」という映画は、ジョン・ナッシュの半生を描いた作品です。

ジョン・ナッシュは、「ゲーム理論」の生みの親で、その功績が認められて、ノーベル経済学賞を受賞しています。

その影響は多岐に渡っており、生物学・経営学・心理学・コンピューター科学などなど分野を問いません。

「ゲーム理論」は、それだけ先進的な数学的な考え方で応用が効くものです。

 

それほどまでに偉大な「ゲーム理論」を生み出したジョン・ナッシュの半生は、波乱万丈です。

この映画で初めて知ったのですが、ジョン・ナッシュは統合失調症を患っていました。

「ビューティフル・マインド」では、その統合失調症の発症から回復するまでが描かれています。

 

彼の闘病生活は、彼自身だけではなく、彼の周りを巻き込んでいきます。

特に、彼のパートナーであったアシリアには多くの負担がかかってきました。

この2人の闘病生活には、目を見張るものがあり、感動させられます。

ジョン・ナッシュは、最初自らが統合失調症にかかっているとは信じず、周りの人間と敵対してしまいます。

しかし、周りの人間の愛情に気づき、ジョン・ナッシュは自らの統合失調症に向き合い始めます。

そして、統合失調症にさいなまれながらも、彼は自らのパートーナーと向き合い、そして、人生をかけてきた数学への道に戻っていきます。

 

ナッシュの統合失調症は幻聴や幻覚があったようで、その描写も一層作品を際立てています。

幻聴や幻覚を強調しすぎると、ホラーっぽくなってしまったり、コメディみたいになってしまいがちですが、そのあたりが非常に上手く描かれています。 

ジョン・ナッシュに幻聴や幻覚がどの程度あったかはわかりませんが、この映画で描かれているような幻聴や幻覚があったとしたら、何が正しいかの判断もできなかったのではないでしょうか?

そこから立ち直るために、ジョン・ナッシュは創造超える努力をされたのだと思います。

そして、統合失調症から回復してから、再度数学の第一線で活躍するのは、すごいの一言に尽きます。

 

ちなみに、ジョン・ナッシュは2015年に優れた数学者に送られるアーベル賞の授賞式に向かう途中で事故死されています。

最後の最後まで、ジョン・ナッシュの人生は数奇なものでした。

ビューティフル・マインドには事故死までの過程は描かれていませんが、彼の人生をかいま見ることができます。

ビューティフル・マインドには、ジョン・ナッシュの生き様があります。

 

 

ビューティフル・マインド (字幕版)
 

 

 以上