脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

ファンは優勝が無くなっても、応援し続けるものである。とアーセナルファンが思う。

私はゴリゴリのアーセナルファンである。

つまり、グーナーです。

アーセナルのプレミアリーグの試合は、平日・休日問わず、全てリアルタイムで見るぐらい筋金入りです。

チャンピオンズリーグもみたいのですが、テレビが家になく、スカパーが放映権を持っているため、見ていないです。。。

来シーズンは、時代遅れになりつつあるテレビ優遇の会社が放映権を取らないことを祈っています。

(完全に愚痴です。)

まぁ、グーナーからするとCLもプレミアリーグも優勝が無くなりかけているので、どうでもいいですが。。。

 

「今年こそは優勝」は思い、シーズンがスタートしましたが、結局はいつも通りになりそうです。

そして、CLとプレミアリーグのどちらの優勝が難しくなった今、例年通りアーセン・ベンゲルの退任論が強くなってきました。

プレミアリーグの観客席を見ていると、以下の言葉をよく見かけます。

 

Enough Is Enough.

~もうたくさんだ~

 

主にアーセン・ベンゲルに向けた言葉だと思いますが、少し悲しい気になります。

特に試合中に掲げられたメッセージを見ると。

優勝が無くなっても、私は応援し続けます。

勝てば美味しい酒が飲めるし、負ければ苦いお酒になります。

ファンとはそういうもだと思います。

 

万が一、アーセン・ベンゲルが今シーズンで勇退したとしても、彼が成し遂げたことがマイナスになるわけではないです。

アーセン・ベンゲルが無敗優勝を成し遂げたことだけではなく、世界中にアーセナルファンを作り、長期的な財政が確保したという点は非常に評価されるべきです。

そして、もしベンゲルが勇退になったとしても、本当のグーナーはそのままガナーズを応援し続けるでしょう。

 

最近、アーセナルファンの愚痴が目につくので、アーセナルへの愛を語ってみました。

 

 

インヴィンシブル―アーセナルの奇跡

インヴィンシブル―アーセナルの奇跡

  • 作者: エイミー・ロレンス,アーセン・ヴェンゲル(序文),東本貢司,菅しおり
  • 出版社/メーカー: 三賢社
  • 発売日: 2017/02/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

アーセン・ヴェンゲル  ―アーセナルの真実―

アーセン・ヴェンゲル ―アーセナルの真実―

 

 

以上