日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評:アマゾンと物流大戦争(角井亮一)

 流通業界ではAmazonとの契約が問題になっています。

Amazonの配達が増えたために、労働者の仕事量が増え、労働環境が悪化していると。

この労働環境の悪化は、断じてAmazonのせいではないです。

Amazonが悪魔のように報道しているニュースが多いですが、そういった記事を書く記者の真意が分からないです。

 

Amazonの配達が増えた理由は、インターネットが発達して、消費者がAmazonというインターネット通販で買うことを求めたためです。

インターネット通販の需要が増えて、Amazonの需要が増えたためです。

特にAmazonの需要は増えていると思いますが。

 

「アマゾンと物流大戦争」では、その辺りのことが詳しく書かれています。

Amazonは赤字を垂れ流しながら、物流について研究してきました。

アマゾンは物流企業です。

最終的には、アマゾンは物流業に乗り込んでくるでしょう。

Amazon Primeなんかは配達まで、Amazonが行っています。

 

そして、アマゾンは物流業界と戦争しているだけではないです。

楽天というインターネット通販会社とも戦争していますが、今後間違いなく、小売業とも戦争することになるでしょう。

 

そのため、「アマゾンと物流大戦争」はぜひ小売業の方々に読んでもらい本です。

Amazonは、単なるインターネット通販会社ではないです。

店員がいないAmazon Goなんかを見ていると、Amazonは確実に小売業に進出し、全ての小売業を巻き込むことになるでしょう。

そして、消費者の多くはインターネット通販を利用することを選ぶようになります。

もちろん、リアルな店舗が無くなることはないです。

Amazon Goはリアルな店舗ですしね。

 

しかし、消費者は、安くて、持ち帰らなくてよく、在庫も分かるインターネット通販をリアルな店舗より選ぶことになります。

そして、その選ばれる最右翼はAmazonです。

そのAmazonを知ることは絶対に必要なことでしょう。

 

アマゾンについて詳しく知りたい方は、ジェフ・ベゾス 果てなき野望の本も読まれると良いでしょう。

今までのAmazonとこれからのAmazonがどのようになっていくのかが理解できます。

 

 

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書 495)

アマゾンと物流大戦争 (NHK出版新書 495)

 

 

以上