読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評: なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか(辻井啓作)

シャッター商店街を見ると、「なんで今も残っているのだろう?」と思ってしまいます。

さらに、そういった商店街がイベントを開催していると、税金が投入されてることが用意に予想できるので、無駄遣いだなと考えてしまいます。

まさに、私の地元にそのような商店街があります。

シャッター商店街、人が集まらないイベント。

 

商店街をかかえる町の多くはそうだと思いますが、町の人たちは、商店街で物を買わず、車でショッピングモールに出かけ買い物をしているのが現状です。

さらに悪いことに、若い人たちは都会に出ていき、商店街で買い物をする人たちが減少し、はたまた管理する人たちでさえも減少していってます。

そういった現状を見ていると、シャッター商店街がイベントを開催していると「頑張っているな」とは思えず、延命処置にしか思えないです。

シャッター商店街を見ていて、そう考える人は私だけではないはずです。

 

もちろん、町を挙げて盛り上がっている商店街も存在します。

シャッター商店街と盛り上がっている商店街の違いはどこにあるのでしょうか?

 

1つには、地の利があります。

都会の商店街の周りには、人がいっぱい住んでいるので、その商店街で買い物をする人が増えます。

その結果、商店街はある一定の利益を上げ続けることができ、店を閉じることが少なくなります。

しかし、実際には地の利だけでは語れないものが存在します。

 

そういった疑問に、 「なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか」は答えてくれます。

著者である辻井啓作さんは、広島県呉市の中心商店街活性化に携わられており、その取組により、その商店街は経済産業省中小企業庁の「頑張る商店街77選」に選ばれております。

いわゆる商店街活性化のプロです。

 

「なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか」を読むと商店街がかかえる問題がよく分かります。

商店街活性の費用として税金が投入されており、役所の意向が反映されがちであること。

商店街活性イベントが的はずれになりがちなこと。

 

「なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか」を読んでいて、1番納得した言葉があります。

その町のひとが来たいと思わない、商店街には他の町のひとは来ない。

(うろおぼえです。)

確かにそうです。

シャッター商店街に、町のひとが戻ってくることを一番に考える必要があります。

そういったことを考えながら、商店街活性化に取り組んでいる商店街はどれぐらいあるでしょうか?

 

これからも商店街は淘汰されていくでしょう。

そのことが良いか悪いかは別にして、繁栄している商店街とシャッター商店街を比べることは、人の購買行動を考える上で必要なことです。

 

なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか

なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか

 

 

以上