脱力で生きていくためのブログ

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

季節の変わり目に必ず風を引いて、咳がだけが残る。

昔から必ずと言っていいほど、季節の変わり目に風邪を引いてしまいます。

まず最初に喉が痛くなって、その次は咳が止まらなくなります。

咳が止まらなくなるのは、1週間とかの短期間ではなく、1ヶ月ぐらいの長期間のことが多いです。

 

自分としては、毎度のことなので慣れてしまいましたが、他の人からするとそうではないです。

頻繁にゴホゴホと咳き込むので、周りの人からすると、とても気になるみたいです。

「大丈夫?」とか聞いてもらえるのですが、こちらとしては集中を切らしてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでです。

一方で、電車とかに乗っていると、如実に嫌な顔されることもありますが、こっちは、まぁしょうが無いかと何食わぬ顔で乗り続けます。

咳をしてても、生活しないと暮らせませんので。

 

咳をし続けると、ときどき病院に行くことを勧められることもあります。

病院に行って診察してもらっても、風邪薬と気管支を広げる薬をもらって終わりです。

正直、病院に行っても何も解決しないので、行く気はないのですが、世間体を気にして病院に行くことになります。

 

ときどき病院に行けと怒ってくる人がいますが、自分のことは自分でよくわかっているつもりなので、さすがに怒られる筋合いは無いです。

それに、他人に言われなくても、気管支が人より弱いことは自分が一番分かっています。

風邪のあとには、咳だけが残るのです。

こちとら、18歳ぐらいからこの症状があるので、10年ぐらいはこの症状と付き合ってきています。

 

ちなみに、この症状は風邪を引き終わった後の敏感になった気管支が原因らしいです。

手から血を流すと、カサブタになります。

カサブタを触ると、傷んでいない普通の皮膚を触るより痛いです。

風邪を引いたあとの気管支もカサブタができているような状況らしいです。

 

そのカサブタの治りが遅いのが私です。

風邪は治っているので、菌はばらまきません。

治る前には、ばらまいていますが。

 

風邪が治っても咳だけが残るつらさを体験している人は結構多いと思います。

誰か気管支を強くする方法を教えてほしいです。

 

以上