日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

ビットコインから考えるお金のこと。

バズワードとなったビットコイン。

でも、最近聞かなくなった気がします。

見慣れたせいでビットコインというワードを見ても、何も感じなくなっただけかもしれません。

 

ちなみにビットコインとは、仮想通貨のことです。

仮想通貨なので、目で見ることができない通貨です。

 

普段使っている紙幣や硬貨は一応目に見えます。

1,000円か10,000円かは紙幣を見れば、ひと目で判断できます。

微妙なのは、クレジットカード。

紙幣や硬貨といったお金の実体は見えませんが、減っていくお金の単位は紙幣や硬貨といっしょです。

日本でクレジットカードを使えば、円です。

アメリカでクレジットカードを使えば、ドルになります。

クレジットカードを使っているときには、お金はあたかも実体のない仮想通貨のような存在です。

実際には実体があります。

例えば、クレジットカードを使えば、お金の移動があります。

なので、お金の移動にともない、手数料が取られたりします。

 

ビットコインは実体がないのです。

ビットコインは、価値のみを保存しているといえるでしょう。

そういう意味では、紙幣や硬貨も実際には価値を仮想化(保存)しています。

 

食べ物や労働といったものが、紙幣や硬貨と交換できます。

実際に価値があるのは、お金ではなく、食べ物や労働です。

お金がいくらあっても、正しい価値のものと交換できなくては意味がないです。

 

お金は価値を保存してくれるものです。

だから、お金は、その価値を保証してもらう必要があります。

円だと日本で、ドルだアメリカです。

ビットコインの一番の問題は、通貨の価値を保証しているのが、国でないことだと思います。

なぜなら、今の通貨も国が滅んだら、そのお金を使うことができないからです。

価値の保証のないものを誰が欲しがるのでしょうか?

それは保証がない保険を買い続けるようなものです。

 

でも、ビットコインに価値がないというわけではありません。

多くの人が使っており、それを交換してくれる人がいるというだけお金は価値を持ちます。

その考えはブロックチェーンの考えと非常に相性が良いです。

多くの人が使うことで価値を保証し、保存できるのです。

実際に、世界が不安定になるとビットコインが買われます。

多くの人が使っているので、価値が目減りすることが無いからです。

 

しかし、お金の価値は常に変化しているので、価値を保存するのは難しいことです。

為替、インフレ。常にお金の価値を上下させます。

それはビットコインにも当てはまります。

 

一方で、金の価値を一定に保つと、格差を生み出します。

お金の価値を維持させたい人と維持させたくない人が市場で揉めます。

新しく生まれたビットコインが、今後世界でどのようなゲームを引き起こすのか注目です。

 

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

  • 作者: 大塚雄介
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2017/03/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

以上 

以上