日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

書評:内向型人間のための人生戦略大全(シルビア・レーケン)

もっと前に、この本に出会っておけば良かった。

「内向型人間のための人生戦略大全」は、そう思わせてくれる1冊です。

特に自分が内向的人間だと思う人は、そう思うことになるでしょう。

 

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

内向型人間のすごい力 静かな人が世界を変える (講談社+α文庫)

 

 

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

 

 

この2冊を読んでいたので、内向型人間についてはある程度知識がありました。

内向型人間を簡単に言えば、物静かで思索に富んでいる人です。

例えば、マイクロソフトのビル・ゲイツやバークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェットなんかが内向型人間であると言われています。

そうそうたるメンバーです。

 

しかし、内向型人間の全員がビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのように億万長者になれるわけではありません。

普通のサラリーマンにも内向型人間はいます。

一方で、会社はなぜか外向型人間を求めます。

内向型人間と外向型人間は互いに補完し合うのが、良いにも関わらずです。

 

内向型人間が変わろうとして自己啓発本を読んだとしても、そこに載っている内容というのは、外向型人間には実践しやすいことであり、内向型人間にとってはツラいことが多いです。

しかし、「内向型人間のための人生戦略大全」には内向型人間が実践しやい内容がたくさん載っています。

仕事や家庭での振る舞い方。

目からウロコの内容ばかりです。

もうちょっと自分に向き合って、正直に生きれば良かったと思わせてくれます。

無理して外向型人間になる必要はないのです。

内向型人間には、内向型人間らしく生きれば良いのです。

 

自分の立ち振る舞いに悩んでいる内向型人間の方には、読んでもらいたい1冊です。

また、外向型人間の方にも、「内向型人間のための人生戦略大全」を読んでもらい、内向型人間を少しでも理解してもらいたいです。

 

 

内向型人間のための人生戦略大全

内向型人間のための人生戦略大全

 

 

以上