日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

さよなら、ビットコイン。また来て、ビットコイン。

荒れに荒れているビットコイン。

 

ビットコインの界隈で、何が起こっているかは知らないが、どうやら揉めに揉めているらしい。

それに関係して、規格が分裂するという記事はよく見かける。

しかし、ビットコインの取引をしている人がどういった損益を被るかの説明がない。

何が起ころうとしているかのだろうか?

  

 

ツイッターをながめていたら、上の記事が出てきた。

とりあえず、欠陥をどう対処するかで揉めているようである。

 

正直なところ、どんなシステムでも欠陥は生じるし、ビットコインだけ無欠陥なものにするというのは不可能である。

だから、欠陥に対してどう解決するかよりも、どう保証するかのほうがビットコインの取引している人は興味を持っているだろう。

 

揉めているところがちょっと違うんじゃないのって思ってしまう。 

保証さえあれば、欠陥なんか気にしなくていい。

 

あと、日本でビットコインを買うのを進めている人が結構いるみたいである。

日本で生きているかぎり、ビットコインは使わないし、日本円だけ十分である。

ビットコインを使える店が増えたり、日本以外の国で決算する可能性がある人なら、ビットコインを持っていてもいいかもしれないが、そういうわけじゃない。

というわけで、普通の日本人が、ビットコインを買うメリットがない。

 

投機目的(一種の博打的)なら、ビットコインを買ってもいいかもしれない。

ただ、日本円を一度ビットコインに変える手数料がもったいない。

あと、ビットコインが犯罪者の取引に使わているらしい。

これのせいで、暴落する可能性が排除できないのが、ツラい。

 

 

そういわけで個人的には、ビットコインは安定していないので買わない。

ただ、ビットコインのブロックチェーンのような技術は今後も温めるべき技術である。

もう少しビットコインが安定したら、買ってみようかしら。

 

以上