日本酒を飲みながら、自由を探すプログラマー

プログラマーの雑記になります。書評多し。技術少なし。

ビットコインはどうなるのか?

ビットコインが高沸しているらしい。

それにともない、ビットコイン関連株も上昇しているらしい。

 

GMOしかり、サイバーエージェントしかり。

 

そういえば、なんとなくビットコインの記事を書いた。

 

blog.pitre.jp

 

半年ぐらい前に書いたブログだけど、ビットコインに対する意見は変わらない。

なんだったら、ビットコインにはさらに懐疑的になった。

 

なぜ懐疑的になったかというと、ビットコインの発行量が決まっているということである。

2140年に発行上限に達し、それ以降は発行しないらしい。

 

まぁ、生きていないから気にする必要はないかもしれないが、ビットコインが発行上限に達したときに、需要供給が保てるとは思えない。

 

もしかしたら、ビットコインを基軸通貨にすえる国も現れるかもしれない。

さらに、そういった国が複数現れると、国によってビットコインの価値が異なる可能性がある。

そうなったときに、裕福な国ではビットコインを買い占め、貧乏な国ではビットコインを売り続けるみたいなことが発生する。

貧乏な国はさらに貧乏になる。

とんでもない悪循環である。

 

需要供給が一致するというのは、市場に参加している人がWin-Winの関係になることだと思う。

この図式はどう考えても、搾取である。

富める国は富、貧しい国はさらに貧しく。

 

こういったときに、ビットコインを発行できれば貧しい国ではビットコインを売っても、ビットコインをかんたんに手に入れることができる。

ユーロを発行できていれば、ギリシャがデフォルトに陥らなかったみたいにである。

(リフレ派の思想)

 

2140年にはおそらく生きていないので、どうなってるかがわからないのが残念である。

まぁ、ビットコインだけではなく、お金の概念が変わってる可能性があるが。。